試さずにはいられない

2017年10月07日
0
0
リゾートゴルフ&スキー
ボルボでの2泊を終えてやはり疲れた。やっぱり宿に泊まった方が楽だと思う。それでも自宅で雨を見ながら考えた。車中泊をする時に後部座席を全部倒してなるべく広くするほうが寝やすいと思い込んでいたが、それは違うかもしれないと。後部座席の3分の2を倒してそれで一座席は残してそこに普通に座れる。横になる前に座って飲食をしてパソコンでもするのは座った状態。それで眠くなったらそのまま横に移動して寝る、方が楽かもしれない。実際座って見るとなかなか快適だ。ティグアンだと備え付けのテーブルもあるしドリンクホルダーも使える。

こうやっていろいろ考えると、試してみたくなる。大変だったなという記憶は次第に薄れて行きむしろポジティブな思い出になるものだから、またやってみようかなという気になる、というわけだ。ゴルフの車中泊は11月までだからあと1ヶ月半。友人とかカミさんと行く合宿は宿を手配してある。一人で行く時だけだが、もう一度か二度はやってみることになる、という気がする。

この試してみたくなるというのが、わたしの性癖である。試さずともいろいろ思案してもっといい案はないかといつも考える。これはゴルフでは決してよろしくないかもしれない。以前はアプローチは低い球で転がししかしなかった。それでなんでも寄せていた。ショットだっていろんな打ち方の練習などしなかった。とにかくワンパターンで同じことばかりしていた。それでいつも同じコースばかり周る。それで少なくとも河川敷ではハンデ5には慣れた。ただ栃木に行けば軽く90くらい打っていたのだからそれは今と変わらないとも言えるが、それでもホームコースで70台を出すのは気分が良い。

今はいろんな打ち方を試すしいろんなコースに行きたいと栃木に遠征ばかりしている。もちろんホームコースも周っている。戦線拡大で収拾がつかない状態。ただ次第に収束はしてきている。打ち方はまあこれで行こうという気になるものはできた。昨日も練習場ではほとんどナイスショットだ。アプローチは少し上げる球と転がしの二種類。フワリと上げるのはやらない。後は傾斜なりのショットを磨くこと。これくらいかな?
関連記事
ハルトモ
Posted by ハルトモ
自由人ハルトモ。那須とさいたまを毎週往復するリゾート&リタイアライフ、そして旅、投資ネタもありのブログです。
自己紹介へ

Comments 0

There are no comments yet.

コメント投稿