総選挙に思う

2017年09月29日
0
0
政治経済
ある政党の政治塾に参加して実際候補者の応援をしたり自分自身も出馬を真面目に考えていた時期がある。選挙区回りは随分やった。国会議員や地方議員との交流も結構あった。私が最初から応援したある候補者は見事衆議院に当選もした。その選挙の様子は映画になって(大々的には公開されてないが)私はかなり露出多く出演している。だがその議員も次の選挙では落選。所属する党が解体してしまい無所属で出てそれなりに票は取ったが流石に小選挙区での当選はない。その後浪人していたが、どうも今回自民党から声がかかったようで選挙区を全く馴染みのない遠くに替えて急遽出馬することになったとFACEBOOKで報告している。

なんで?その選挙区には自民党の現職はいないのかと調べたら比例復活の現職がいた。小選挙区の現職は民進党である。その自民党の現職がなんと民進党の現職を出し抜いて、自民党を離党して希望の党に鞍替えしたのである。今度は希望の党公認で出馬する。それで自民党候補に空きができたので、それで私の知る候補者に声がかかったと言うことのようである。民進党の現職はどうするつもりか知らないが出る事は出ると思うので結構乱戦の選挙区になろうかと思う。彼はもう安倍晋三礼賛のコメントを発表している。そうしないと公認は取れないだろう。

個人的にその候補者はとても好感を持っている。いつまでも浪人でいても仕方ないので就職活動のように組織に身をよせる必要は政治家ならある。もともと大きな差異が政党ごとにない時代になったので、キリンとアサヒくらいの差という感覚に近いかもしれない。だから別に自民党でも驚きはしない。ただ今の安倍晋三は夫婦で後世に名を残すくらいの厚顔無恥な振る舞いに終始する人間だから、その安倍晋三を礼賛するコメントはどうにも好感は持てない。だからわざわざ埼玉から出て行って応援をしてあげる気にはならない。行けば相当喜ぶとは思うけど。

埼玉である選挙区の支部長の応援もしていた時期があるが、この男は最低の人間であった。どう最低かは書かないけどとにかくこういう人間が政治の世界にいるんだと、ある意味勉強になった。私に言わせればとんでもない男だが政治の世界ではどそれほどおかしいというほどのことでもないようである。その男もどうやら希望の党から出馬すると報道されているから、多分出てくるんだろう。今度は当選するかもしれない。多分そんな連中ばかりの世界なんだろうから不思議はない。特に新党は酷かろう。

安倍晋三という人物はその奥さんもそうだけど本当に育ちが良いのだなと感心して見ている。よくそんなことを平気で言えるなと思うようなことを平気で言えるのは、他人の視線があまり気にならないからだと私は思う。育ちがとても悪いかとても良いか
どちらかだと他人の視線があまり気にならない気がしている。

消費税の使い道で大き決断を最近したと自分で言っている。だからすぐさま総選挙だと。だが消費税が上がるのは2年後である。それに大きな決断をしたと言うなら、憲法の解釈を内閣の判断で変えるなんて大きな決めごとをしたくせにその時には選挙のせの字も出ない。普通なら恥ずかしくて言えないようなことを平気で言える。その背景には彼なりのお坊ちゃんとしての使命感がきっとあるのだろう。自分が総理大臣でい続けることが国益に適うと言う確信でもある。だから政治手法の是非も国益?の前に霞む。

ある政治家がおかしな政権に終止符を打つ選挙と言っていた。安倍政権は5年だそうだ。そう考えると日本というのはまともな国なんだとな、多少は思う。アメリカだっておかしな大統領というのは結構いたが長くても8年で終わる。どこかの国のように何十年もあるいは百年単位で世襲で政権が続くというわけではない。日本だって安倍晋三が10年後20年後も首相だとは誰も思っていない。日本の政治の本質はきっと個人的なキャラによるもんじゃなくて誰がやるかは実はあまり重要じゃないのだろうと思う。

安倍首相は一番有利な時期に選挙をしたつもりだったんだろうけど、それは民進党解体というドラスティックな決断をかえって呼びこんだ。とても普通じゃできない決断をさせたのはむしろ安倍晋三だというのが面白い。もしもこれで自民党が敗れるようなことになれば、策に溺れたバカ総理ということになると思うが、そうなるかどうか?

関連記事
ハルトモ
Posted by ハルトモ
自由人ハルトモ。那須とさいたまを毎週往復するリゾート&リタイアライフ、そして旅、投資ネタもありのブログです。
自己紹介へ

Comments 0

There are no comments yet.

コメント投稿