睡眠負債

2017年09月04日
0
0
日々の雑感ーリタイアライフ
毎日5時間とか寝れば十分だと思っている人は多いと思う。わたしもそういう時期が長くあった。5時間か6時間で十分だと。さすがに毎日4時間ではキツイ。だがNHKで睡眠の特集をしていて、朝番組なので勤勉な労働者兼このブログの読者はまず目にすることはないと思うが、人間はやはり7~8時間は寝た方がいいらしい。睡眠を削ることでのネガは免疫力の低下で様々な病気の原因、遠因となるそうだ。問題なのは毎日5時間の睡眠で人間が慣れてしまうとそれ以上寝たくても寝られなくなってしまうということらしい。
だからまとめて寝て睡眠不足を取り返すこともできない。この睡眠不足がずっと溜まっていくのを睡眠負債というそうだ。しかし普通に働いていて毎日8時間寝ているという人はこれはもう希少だろうとわたしは思う。

わたしが会社勤の時は毎日6ー7時間寝ていたと思う。だいたい寝るのは12時回っていて起きるのが7時とか。まあ寝たいだけ寝ていたという気はしたが、なんだかんだで夜いろいろやっていると寝るのは12時回ってしまっていた。児童養護施設に働いていた時期はこれはよくわからないが、とにかく細切れで寝ていてかつ宿直では熟睡など絶対できない。2日続けて宿直でもちろん昼間も仕事で起きているのが当たり前で、長くやっていたら必ず体を壊す労働環境だったが、働いている人間が皆若いのと、それとせいぜい数年でだいたい辞めてしまうので、問題が顕在化しないだけだった。わたしは自分の健康管理ができる人間だったので宿直を週一日に減らして適当に休憩をとっていたが生真面目な人間だったらたまったものではない。わたしが施設を辞めた直接的理由は週二回の宿直をやれと園長に言われたからで、それは園長がわたしが体を壊すか辞めるかどちらかでいなくなって欲しいという意思だと理解したので、その期待には一応応えた。おかげで一年間も失業保険が貰えた。

今のわたしは言うとだいたい8時間は寝ている。9時間寝るときもある。二度寝することもあるが、それは8時間寝て起きたあとにさらに1ー2時間寝るので、細切れの二度寝とは違う。まさにアディッショナルスリーピングである。その後夜寝るまでに眠気を感じることはまずない。寝つきは昔から良い方だが今は爆速の寝つきである。たぶん睡眠負債とは程遠い、睡眠貯蓄状態だろう。二度寝すること自体が体に悪いのではないらしいが、気怠くなってその後の活動に差し障りがあるそうだ。だがわたしのようにその後に活動をせんでもよい人間には関係ない。

昨日はラウンドしないで午前中から練習場に。300発時間無制限でゆっくりと打てる練習場である。最初はナイスショットが連発していたが次第におかしくなってきた。300発終わる頃にはひどいフックがおさまらない。なんと言うことはない、300発打って下手になった。納得がいかないので午後他の練習場に行ってみた。そこで少し打つつもりが結局200数十発打って、それでようやくフックの原因がわかった。本当はそこから練習してフォームを体に覚えこませたいところだが、すでに500数十発、ちと打つ気がしない。それでも数十発は綺麗に飛んだし原因が突き止められたので良かった。結局テークバックでインに引きすぎていた。よくあるパターンだがいつも後から間抜けな気づきを得る。

その後にジムに行く。新しくバイクスタジオが出来ていて早速レッスンに参加してみた。これはなかなか良い。スポーツタイプの自転車に乗っているフォームでインストラクターの指示に合わせて皆んなで一緒に音楽に合わせて漕ぐ。滝のような汗が出る。ランニングより消費カロリーは多いと思われる。ウェイトトレーニングも行って、ゆっくりと風呂に入る。それでジムを出て外の風に当たるとなにか一仕事終えたような充足感を感じて、幸福感に包まれる。随分勝手な充足感だが感じるものは仕方ない。






それでその後に身内が集まって、かみさんのお母さんの誕生祝いを挙行。メニューは鳥の水炊き。これがなかなかおいしかった。水炊きと言えば同じく身内で築地の料亭治作に今年は行っているが、正直治作より美味しいと感じた。鳥の脂と出汁の出方の加減がわたしに合っていたということだけだろうけど、値段は治作の数分の一である。今後友人が来た時でもいいし、施設の子どものお祝いでもあれば連れて来てやってもいい。世の中にはこんな美味しいものがあるんだと驚かせてやろう。その後帰宅するが、ベッドにパソコンを持ち込んでいろいろ調べ物をしているうちに寝てしまう。それで起きると朝である。今日もやることはいくらでも並んでいる。こんな生活です。
関連記事
ハルトモ
Posted by ハルトモ
自由人ハルトモ。那須とさいたまを毎週往復するリゾート&リタイアライフ、そして旅、投資ネタもありのブログです。
自己紹介へ

Comments 0

There are no comments yet.

コメント投稿