人生は真ん丸に

2013年03月17日
1
0
人生の考え方
ギャンブラーで
凄いという人間は
だいたいどこか崩れている人間が多い
阿佐田哲也とかいい例かな
彼の書くギャンブラー像もそうだ
何かを得るために何かを犠牲にする
という考え方だ
またはいいことも悪いことも等価であり
良い分だけ悪いことも起きる
とも考える
 
たぶん投資でも似たような論法は成立するんだと思う
いくら投資で儲けても、その分どこかで崩れている
そういう相場師は実に多い
最後一文無しとか家族離散とか挙句の果てに自殺とか
 
これは人間としてはかなり未熟であるということだ
だからこそ面白味がある人間らしいとも言えるが
わたしはそこの線はとうに超えている
阿佐田さんの知らない世界だ
 
わたしの言葉で言うと
人生を真ん丸に生きていない
真ん丸に生きれば
何かのために何かが犠牲になるという考え方が存在しない
その真ん丸をどれだけ大きくできるか
 
つまり核となる
自分としての生き方があって
その生き方を持って、ありとあらゆることに対処していける
どんな状況で一貫した判断を下せる
 
その中に
仕事もあれば、家庭もあれば、友人もあれば、趣味もある
投資もギャンブルもある
真ん丸が大きければ
その中ですべてが調和していく
わたしはギャンブルでも
株式投資でも
そして仕事でも
かなりうまく行っているが
そのために何かを犠牲にして
つまり不本意なことは絶対やらない
やったら自分が自分でなくなると思っている
 
例えば、会社で理不尽な到底承服できないことがある
上司の命令と言えど従いたくない
下らん人間のいいなりになるのは馬鹿げている
それを出世とかに目がくらみ、
自分を失ってしまうと
そこから
何かを得た代わりに何かを失う道に入ってしまう
自分の中の一貫性が失われる
そして胆力が失われる
腹が据わらなくなるんである
 
そして、すこしばかりの出世は得ても
株式投資で実は腹が据わらずに勝機を逸する
あるいは大きく判断を誤る
真ん丸が壊れてしまうのである
一見関係ないことに見えるが、人生はすべて、こうやって、関連しあっているんである
 
人生の真ん丸は丁寧に丁寧に
大きく大きくしていかねばいけない
その真ん丸が少しでも崩れないように最新の注意を払う
また真ん丸を守るために
他人からは無駄としか見えないような
損得抜きの行動にも出る、
ただ突っ張っているだけに見える
 
だが本人には
それがとても大切なことであり、それが自分が自分でいる理由であり
そして、成功の源である
 
まずどんなに小さくてもいいから
真ん丸を持つこと
いくら大きな三角でも三角は決して丸にはならないのだ
その小さな真ん丸を
どう大きくできるかだが
真ん丸であれば、あとはその人の器量しだいで
現生の成功などどうでも良いことで
実は丸は小さくても別に構わないのである
 
わたしの言っていること
通じていますかな?
自分の言葉でこう書いている人は他に知らない
 
関連記事
ハルトモ
Posted by ハルトモ
自由人ハルトモ。那須とさいたまを毎週往復するリゾート&リタイアライフ、そして旅、投資ネタもありのブログです。
自己紹介へ

Comments 1

There are no comments yet.

ぼぶ  

No title

了解です!

2013/03/19 (Tue) 13:25

コメント投稿