伊豆の葡萄は侮れない

2017年08月13日
0
0
日々の雑感ーリタイアライフ



朝から墓参に。お墓に和尚さんが来てくれて短いながらもお経をあげてくれる。いわゆるお迎えというもの。仏事というのは大切なものだと思う。仏事というのは生きている人間のためのものじゃないかしら。これをおろそかにしない人は信用できるとわたしは思うほうだ。きちんとした生活は営めているという意味だから。

児童養護施設の子どもも夏休みに外泊をするということはある。それでまた施設に戻ってきてどこに行ったの?と聞いて、お墓まいりという返事は聞いたことがない。行っている場合もあるのだろうが、児童養護施設の子どもの親が墓まいりをしている比率はたぶん相当低いだろうとわたしは思う。邪推だがたぶん外れていない。施設に勤務していた時には生活全般呆れるような親をたくさん見聞きした。

猫次郎さんがだいぶ前に伊豆の瀧口葡萄園をブログで紹介していて、そんで見たらわたしもコメントしていて、いつか買いたいなんて自分で言っているがそれを忘れていた。そしたらベトナムさんが覚えていて注文したそうで、それでわたしも注文してみた。ピオーネも黄玉も頼もうとしたらまだ早いと言われて藤みのりだけ。それが早速到着。確かに500円玉より大きいや。そんでとても甘い。4房入ったこれで一箱クール便の送料、代引き込みで6000円。確かにこれは安いね。これは人に送ってもいいね。絶対に喜ばれる。一応静岡だし。もちろんお母さんのところの仏壇にあげておいた。きっと亡くなったお父さんもびっくりするだろうな。

関連記事
ハルトモ
Posted by ハルトモ
自由人ハルトモ。那須とさいたまを毎週往復するリゾート&リタイアライフ、そして旅、投資ネタもありのブログです。
自己紹介へ

Comments 0

There are no comments yet.

コメント投稿