自殺破産夜逃げ

2017年08月09日
3
0
株式投資
ゴルフの薄暮プレーでご一緒する人間というのはもうリタイアしている人も多いが午前中で仕事の切りをつけてそれで午後時間を作って来ている人も多い。サラリーマンならぬサボリーマンもいるが、多くは自営業の方である。

その方は出身がわたしがよく遊びに行く南会津の方でそれでプレー中話が弾んだ。いろいろ話をしていくとお仕事は不動産業だそうだ。それも売買専門で、自分でギャンブルだと言っていた。今でも一億円で仕入れた土地を建売を建てて販売してもう少しで売り切れるとか言っていた。土地転がしを昔はよくやったそうだ。もう歳なんで引退してもいいんだけど、でもついまた買うと言うか勝負に出てしまうんだそうだ。早い話が辞められないということみたいである。

40年以上業界で生き抜いてきて、知人で自殺した人間が何人もいるそうである。バブルの頃には資産100億円、200億円なんて人がごろごろいたそうで、その多くは良くて夜逃げ、さもなくば破産、最悪は自殺という道を辿ったそうである。自分なんか臆病で手堅い勝負しかしないから生き延びてきたんだそうだ。

わたしの知人で自殺した人はいないし、夜逃げも破産もいない。わたしはそういう世界にいなかったということで、それは良かったと思う。たぶん悪い気が充満してる世界だ。

でも面白いなと思ったのはギャンブルのような勝負をして自殺したと言うが、本物のギャンブルは自殺というイメージがあまりない。競輪競馬競艇とかに夢中になってそれでおかしくなる人間はたくさんいるとは思うが、そういう連中は自殺するのではなく悪いことをするイメージがある。横領とか詐欺とか。統計がないからよくわからないがたぶん比率で言うなら株とか不動産投資の失敗の方が自殺の原因になる可能性は高いのではないだろうか?

ギャンブルにのめりこむ人間はノー天気でいつかどこかでいいことがあるはずと待っている。不動産や株で自殺する人たちはギャンブルだと思ってやっていなかったんじゃないだろうか? 自分ではまともなビジネスとかあるいは理詰めの行動という意識があった。 どうもそんな気がしてならない。

その不動産屋さんは自分で自分がやっていることはギャンブルだと言っていた。つまり怖さがわかっている。だからこそ今まで生き延びてこれたんじゃないだろうか? わたしがこのブログで投資はギャンブルだギャンブルだと連呼してもそれほど多くの賛同を得ることはない。ネットで見るに投資で儲けることは何か正しい行いの結果導き出されるかのごとく考えている人もたくさんおられるようである。

株がギャンブルかどうか議論する意味はないが、根源的な意味でやっていることは、羅生門の老婆や下人と同質というのがマネーゲームの世界である。やり方が正しい正しいとかじゃなくて、すること自体がどうにもいかがわしいという意識を持ってもさほど不思議ではないとわたしは思っているし、事実わたし自身がそう感じている。

必要な分だけ儲ければ十分というのはわたしはよく言う。足りるを知るということだが、思うように暮らせるなら無用な殺生などしないほうが良いというのも、それは同時に感じていることである。
関連記事
ハルトモ
Posted by ハルトモ
自由人ハルトモ。那須とさいたまを毎週往復するリゾート&リタイアライフ、そして旅、投資ネタもありのブログです。
自己紹介へ

Comments 3

There are no comments yet.

ハルトモ  

No title

??何のことですか?

2017/08/10 (Thu) 01:55

ハルトモ  

No title

その人がいたマネーゲームの世界ということですよ。

2017/08/10 (Thu) 06:02

geg**007  

No title

ハルトモさん、マネーゲームの話しでしたね!
それにしても昨日は暑かった。

2017/08/10 (Thu) 18:31

コメント投稿