さてどっちだろう?

2017年07月25日
2
0
政治経済
文章校正の話題を書いたが、わたしのような新人ライターにとってはミスタイプ誤字脱字は要注意である。なぜなら基本的な校正ができていない人間が自分の書いた文章を大切にしているはずがないと、普通の編集者はそう思うはずだからだ。中身も真剣に書いているからこそチェックもしっかりしている。細部に目が行き届いていなければ中身も大したことはないだろう。こう考えるのは当然の流れ。自分は文章力があると勝手に思うの構わないとしても、それでミスタイプが許されることはないのである。

森友問題にせよ加計問題にしても、これは国策の根幹に係わる問題ではないので、いつまでも国会を空転させるのではなく、山積する防衛、外交、経済、あるいは社会保障などの重要な問題に議論をシフトすべきだという考え方がある。いつまでやっているんだ!ということである。

だがこれも文章校正の話と似ている。加計問題のように、お友達を意図するかしないかは別にして結果として優遇して、そのプロセスも脇が甘いとしか言いようがなく、そしてその説明も破綻している。この程度の問題にこれくらいのことしかできない男に、果たして国家の大事を任せていいのだろうか?わからないだけで大切なことだっていい加減にやっている可能性が高いと、そういう考え方にわたしは激しく同意する。(自分で自分に頷くんだがね。)


ミスタイプだらけの原稿を送られた編集者がなんとも思わなければそれはたぶんダメ編集者だ。もしも国民の多数が同じように思わないとしたら? それはダメ国民ということになると、わたしはそう思う。

ところで世の中にはいろんな人間がいる。こう話すわたしもビジネスマン時代けっこういい加減な男と評判であった。会社での評価なんて気にしていなかった。それでも抜群に結果を出すものだから、あれよあれよと出世した。評判を気にして出世するのではなく結果を出して出世をする道を選んだのである。

そう考えると、安倍ちゃんは実は国民の評判より気にしている大切なことがあるのやもしれない。だとしたらそれは恐ろしいことである。いやいや、ただのボンボンか? さてどっちだろう? わたしは安倍ちゃんはたぶん後者だと思うがいろんな取り巻きがいるようだから恐ろしい取り巻きもバカな取り巻き同様きっとたくさんいるんだろうなとは想像している。憲法も変えるようだし。

ところでこのブログはミスタイプが多い。理由は文句を受け付けないからだ。これは今後改善する気は少しあると一応どこかの首相並みの言い訳をしておこう。
関連記事
ハルトモ
Posted by ハルトモ
自由人ハルトモ。那須とさいたまを毎週往復するリゾート&リタイアライフ、そして旅、投資ネタもありのブログです。
自己紹介へ

Comments 2

There are no comments yet.

geg**007  

No title

風が吹いてますねえ。強い風ですが方向が見えないと流されますねえ。

2017/07/25 (Tue) 18:42

ハルトモ  

No title

どうでしょう? 終わりじゃないですか?

2017/07/26 (Wed) 16:58

コメント投稿