日記

2017年07月07日
6
0
日々の雑感ーリタイアライフ



朝一番で年金事務所に夫婦で行って国民年金納付免除の申請を行う。その後ジムに行ってウェイトトレーニングをして、それから家でブログを打って、その後ホームコースに向かう。2時からの薄暮プレーに出場。22ホールを手引きカートでラウンド。良い風が吹きリゾートのように気分よくラウンド。歩きだからけっこうの運動量であった。バーディは3つ。なかなかいい感じ。ホームコースの薄暮は常連が多く、今日も顔なじみとのラウンド。話しも弾み楽しい。帰宅して夕食をとりアマゾンビデオでSUITSというドラマを見る。シーズン2に突入、だんだん面白くなってきた。その後インターネット将棋に興じる。最近一日1-2局は指すようになった。ネットに繋がっていればどこでもできる。勝ったり負けたりだが、だんだん終盤が切れるようになってきた。駒損承知で急戦かつ乱戦に持ち込み終盤勝負という戦い方。持久戦は面倒でやる気がしない。夜くつろいでいただく赤ワインは最高。つまみは不動産やから送ってきたお中元の高級カリントウ。美味しい。そう言えばニュースで言っていた。ヨーロッパのワインの税率が下がるそうだ。ボトルあたり100円だって。それは嬉しい。ついでにチーズの税率も下がるらしい。消費者にはなかなか良いニュースであるが日本の酪農家は大変だね。

以上が昨日の日記。わたしは自分の生活ぶりは確かに書くのだけど多くは何か書きたいことがあってそれを書いている。それなりのレトリックに支えられた文脈伽藍を手前で用意するという作業である。その一方で上のような単なる日記を書くと実は案外アクセスが多いという現実がある。手間暇かけてなんか書くより、クロノノジカルに書きならべた方が読者は喜ぶということなんである。そう言えば以前ゴルフの内容を詳しく書いていた時期があって、あれは意外とゴルフ好きには人気があった。ぐじゃぐじゃ理屈はどうでもいいから、人の暮らしぶりを覗きたいというデバガメというか野次馬根性ということなんだろうね。でも事実を並べたらそこに自己主張がないかと言うとそうでもない気がする。仮に事実だとしても自分が描きたいことしか書かないということは変わらないからである。政治のニュースでも法廷ドラマでも同じなのだが、見ていてよく思うは、嘘はつく必要はない。切り取った事実は十分意思を宿したものなるってこと。

薄暮プレーをするたびに美しい夕暮れに見入ってしまう。いつだって夕暮れは夕暮れなのだけど、のんびりとゴルフをしながら見る夕日はまさにさらなり。見るものの気持ちで同じものが違って見える。日記も読む人の気持ちで違って読めるんだろうね。なんだか何を書いてもどうでもいいような気がしたきたな。

関連記事
ハルトモ
Posted by ハルトモ
自由人ハルトモ。那須とさいたまを毎週往復するリゾート&リタイアライフ、そして旅、投資ネタもありのブログです。
自己紹介へ

Comments 6

There are no comments yet.

geg**007  

No title

夕日を見ると、空間、奥行き感を脳が感じますよね。肌で感じる風や鳥の鳴き声を絡めて脳内で合成されたイメージが、真実を自覚させてくれます。ゲームでありそのゲームは終わるのだと、、、、

2017/07/07 (Fri) 12:18

sun*****  

No title

僕もSUITSは好きです。
ただ、個人的にはシーズン3からつまらなくなってしまって、中断しています。

ハルトモさんの過去の記事を読みこんで思ったのですが、僕とハルトモさんの最大の共通点は、貧乏と高収入の両方を経験していることかもしれません。
僕はハルトモさんほど苛酷な幼少期ではありませんでしたが、内風呂はなく、銭湯通いでした(それ自体はいい思い出です)。
また、そんなの貧乏のうちに入れるな、と怒られるかもしれませんが、学生時代にくり返した貧乏海外旅行は、お金の大切さと、逆に、貧乏の楽しさを知るいい経験にもなりました。
そして、開業医としての高収入時代。
うまい寿司を食べ、高級クラブで飲み、外車に乗ることによって、「金でえられる幸福感」がどの程度かがわかりました。
悪くはないけど、どうってことはないな、と。
低収入、高収入の両方を知ることにより、お金の「大切さ」と「くだらなさ」が実感としてわかっているから、過度に執着することもなく、うまくつきあえているのだと思います。
(字数制限のため、一旦ここで) 内山直

2017/07/07 (Fri) 13:08

nii*a*an*kish*  

No title

(つづきです)
逆に、僕とハルトモさんの違いは、ダンディズムだと思います。
ハルトモさんは格好悪いことを嫌いますが、僕はそうでもありません。
ハルトモさんは、わかる奴にだけわかればいい、という書き方ですが、僕はひとりでも多くの人に、お金とのより快適な付き合い方を学んでほしいと思い、活動しています。
基本的には大きなお世話であり、暑苦しい話しであり、ゆえに僕ははなはだ非・ダンディです。
でも、なんだかそれが僕の使命のように感じていますし、元来のひねくれ者で、格好よくあることに若干の羞恥があります。
多少無様のほうが、僕の場合は分相応かな、と。
勝手な分析ですいません(汗)。

今後の更新も楽しみにしています。
長文失礼いたしました。

内山 直

2017/07/07 (Fri) 13:09

ハルトモ  

No title

内山さん、コメントありがとうございます。わたしはわかる奴だけわかればいいと言うより、面白くお読み下さいってつもりで書いてます。切れとテンポを良くして紛れなくわかりやすく、そんで何と思われようと誤解も気にしない。

わかるって言ってもその中身と程度は人により様々ですのでこっちでどうこうしようとも思わないです。教えようとか導こうという気もないのです。そう言うのは全力を挙げて一人が二人にぶつかるというのがわたしのやり方で、その意味で児童養護施設で働いたのは良かったと思ってます。

2017/07/07 (Fri) 15:19

ハルトモ  

No title

それにしても内山さんこそ随分格好良く生きてらっしゃる。自分で自分のやっていること気に入ってらっしゃるでしょう? 格好いいとか自分で言わないだけですよね。それも含めて自分の価値観なんでしょうね。今後ともよろしくお願いします。

2017/07/07 (Fri) 15:23

sun*****  

No title

>内山さんこそ随分格好良く生きてらっしゃる

そんなこと、言われることがないので、読んで汗をかいてます。
ありがとうございます!
もっと言ってください!(笑)

自分のやっていることが気に入っていないわけではないですが、正直に言いますと、最近ちょっと迷走気味です。軌道修正しなければ・・・。

今後ともよろしくお願いします。

内山直

2017/07/07 (Fri) 15:38

コメント投稿