フックと煽り打ち

2017年06月10日
0
0
リゾートゴルフ&スキー
以下は備忘録の意味で書いているのでゴルフに興味ない人は読まないでいいかと。

ゴルフのスイングが定まらないのであるが、大きな問題は煽りうちになってひどいフックがでることである。原因はスタンスが右を向いてさらにテークバックをインに引すぎること。それを矯正するために体を開き気味にしてテークバックを外にあげる。イメージはカット打ちだがそれでスクエア。これでまっすぐな球が出る。

だがこれを続けて行くとまた煽り打ちが出る。特に長いクラブほど出る。短いクラブは左にひっかかる。それで上に書いた注意点をさらに繰り返すが治らない。そのうちバックスイングでシャフトが自分の頭に当たるようになった。自分で自分の頭を叩く。間抜けな話だが本当だ。これはとても打ちづらい。バックスイングで木の枝にクラブが当たるようなものでタイミングが取れない。

その話をラウンド中にすると、あまさんから以前も同じことを言っていたと言われた。なるほど、この悩みはわたしはすでに経験済みであったか? であればどうするか? ミスショット矯正ではまずミスを打って見るという手がある。ミスショットを再現することで原因を突き止める。

練習場の鏡の前でバックスイングをしてそれで自分の頭にシャフトがあたるようにバックスイングを何度もする。周りの人間は不思議そうな顔をしてわたしを見ている。この人ボールを打たないで一生懸命自分で自分の頭を叩いているよ。てなもんだ。それは気にせず繰り返していてそれでわかった。早い話が体が開きすぎてクラブを外に上げすぎ。直そうとして逆のことをやっていたみたいだ。

フックと煽り打ちは球筋が似ているが違いは球の力強さ。煽って打つと球は最初まっすぐ出るが急激に左に曲がる。インに引きすぎたフックは球が捕まって力強いが左に出てそれから左に曲がるが曲がり幅が煽り打ちより少ない。この差がわからずに逆のことをやっていたってことみたいだ。

これはラウンドで試してみたくなる。早速ホームコースの薄暮プレーに出場してみた。午後2時から日没まで周り放題である。それで思い切って右を向いてインに引く。これはイメージで実際はスクエア。そしたら驚いたことにスライスが出るのである。OBを二発打った。やはりインに引きすぎ?いやいや、それで数ホールこなして素振りも繰り返してどうもインに引くときに手がかえっていたことに気づいた。

そしたら球が落ち着いてきた。ドライバー以外のショットも非常に球の捕まりが良い。俄然力強い球が出る。18ホール回って、最初の9ホールで7オーバー(OB二発)だったが残り9ホールではパープレーであった。アイアンで左に出るのもなくなってパーオンが増えた。

まあこういう試行錯誤の繰り返しではあるが、ただこの一年という意味では大きな進歩があった。かつてのレベルに戻る端緒になった気がする。以前ほどのモチベーションはないと書いたが、確かラウンド後練習場に直行して何百発も打つことはないが、それは上手くなりたいことはなりたい。練習も大切だが頭でよく考えて上達したい。

関連記事
ハルトモ
Posted by ハルトモ
自由人ハルトモ。那須とさいたまを毎週往復するリゾート&リタイアライフ、そして旅、投資ネタもありのブログです。
自己紹介へ

Comments 0

There are no comments yet.

コメント投稿