浮世離れしてきたかな

2017年05月12日
0
0
日々の雑感ーリタイアライフ
朝5時に家を出ると一時間で成田空港に着く。乗降場所で女性陣をおろして行ってらっしゃい。かねてより計画していた恒例の女旅行、今年は海外である。それでそのまま空港から高速で自宅まで一時間。二時間で帰ってくる。また迎えに行くからずいぶんと豪華な送迎付き旅行である。

帰宅してからボルボの定期点検で車を取りに来るのを思い出した。でも楽勝で間に合った。ボルボてのは点検でいちいち営業が車を取りに来る。それで返しに来る。これが当たり前かな? それともわたしにもう一台売りつけたいからかな?




留守番は猫の世話ということだが、これは大したことはない。なるべく遊んでやる。留守番として一番大切なのはマロの写真を撮ってSNSでかみさんと娘に送ることである。それとFACETIMEでビデオ通話、わたしの顔を見るんじゃなくてアウトカメラでマロの映像を送るんである。

定年前に最近友人が二人退職した。一人は中学高校の同級生だが一緒に琵琶湖一周サイクリングをしようと誘ったら、いいねえと早速自転車を買ってしまった。いいのりである。元々オートバイに乗っていた人間だから二輪車という意味では同じだ。これからあちこち走るんだろう。自転車は道具さえそろえば金がかからないよい趣味だと思う。体力維持にも良いし、暇なリタイア組にはうってつけの小道具だ。安全には留意する必要はあるが馬ほどは危なくない。彼からは自転車のことでよく相談を受けるが、SNSでやると写真を送ったりスクリーンショットを送ったりでスムースに運ぶ。電話と違って自分のペースで応答すれば良い。






もう一人の友人は夫婦で旅行ざんまいということで早速小笠原まで行って、その様子をやはりSNSで送ってくれる。こうやって近況を親しい人間とやりとりするのは楽しい作業で、FACEBOOKも似たようなことができるが、エクスクルッシブな感じでSNSの方が良い。FACEBOOKはどうも「いいね」てのが怪しい。押しているだけってのが多いだろう。わたしはブログのシェアをFACEBOOKでするんだけど、たぶん読まずにポチしている人間が多いと思う。(もちろんそうでない読者もおられる)

SNSで必需品はスマホである。出先で軽い文章を添えて写真と一緒にさっと送る。これにはパソコンとかiPadでは大きすぎる。立ったまま片手で送れるほうが良い。そうなるとわたしのメイン機種iPhone6Splusでは少し大きいかなってこれは前から思っているんだけど、この大きさでの良さもあるので手放せない。

それでアンドロイドのAQOUSminiという中古をわずか6000円で買ったらこれが使いやすい。115グラムとiPhone 5と同じ重さでそれで画面サイズはiPhone6と変わらない。文章がとても打ちやすいし写真も綺麗だし反応も良い。テレビも見れてお財布ケータイSUICAも入るしね。いっそこれをメインに電話もしたい。もちろん通話SIMを入れれば話せるのだがAU系でないといけないがわたしの電話番号のSIMはドコモ系でないと使えないからこいつには入らない。

それで通話用とSNS用ということでiPhone 4Sを使ってみるとこれがいい感じ。このiPhone 4Sてのはとても美しい。今時のiPhoneと違って裏もガラス処理されていて一時のXPERIAのようでとても手になじむし見る目を引く。でもさすがに反応は遅いと思うが、こちとらは暇人だからどうということはない。待てば良いのだ。




こうやって3台持っていると、もともとiPhone6Splusが大きくて重すぎるというところからスタートしているのに、すでに十分重くなってiPhone6Splus一台を持ち歩くのが一番軽くて用が足りるということになる。さすがに三台は多くてこれを二台にしたいのだが、そのためには方法はふたつあって、SIMを変えるかあるいはDOCOMO系のアンドロイドを買うか? どっちかである。できればSIMは変えたくない。今後また他の端末を使いたいときにDOCOMO系のほうが使いやすい。

ということでもう一台端末を買うかどうか、それでずっと迷っている。買うな何を買うか? DOCOMO系の中古か? あるいはSIMフリー端末か? いろいろ選択が多い。でも買った後に今の二台をどうするかというのも考えると踏ん切りがつかない。
まあこの悩みは誰に話しても共感を得ることはない。最近人に共感するということも共感されるということも減っている気がする。浮き世離れしてきてんだろうね。
関連記事
ハルトモ
Posted by ハルトモ
自由人ハルトモ。那須とさいたまを毎週往復するリゾート&リタイアライフ、そして旅、投資ネタもありのブログです。
自己紹介へ

Comments 0

There are no comments yet.

コメント投稿