軽いモバイルツールが良い

2017年04月05日
0
0
スマホ・ガジェット
毎週渋谷のスタバに行って見知らぬ各人が持ち寄るモバイルグッズをお互いさりげなくチェックするというモバイルフリークがけっこういるのかいないのか知らんが、とにかくわたしもその一員。Macをどや顔で開いているのはもはや初心者。Macは持ってるのが当たり前、その上で何を持ち運ぶかである。スタバでパソコンでしかできない込み入った仕事なんかすんなよである。

モバイルグッズは軽ければいいというものではない。軽くて小さくて薄くてそしてスタイリッシュでそこにこだわりをみせたい。モバイラーはいわゆるWINDOWSのオフィスを使っての更新作業系を行いたい人間と、なにかレポートとかドキュメントでテキストをたくさん打ちたい人間とがあるように思う。前者はビジネスマンに多い。後者はテキスト入力がメインの人間だ。編集は別途PCを使う。メール、SNS,WEB閲覧などは共通だ。

ビジネスマンだとどうしても会社のシステムの制約がついてまわる。会社支給の重いパソコンを持ち運ぶ人間が多い。会社はデルのモバイルを支給していたが、それも重いとわたしはiPadを持ち歩いていた。メールが大きな比重を占めるがでも添付ファイルが多い。ほとんどMSである。わたしがビジネスマンの時にはiPadではチェック用に使っていた。会社では偉かったから見て変更を指示すればいい身分だったのでそれで通用した。自分で一から作るならやはりWINDOWSパソコンがいい。

今のわたしはテキストライターだ。ブログの更新、メール、SNS,さらにWEBブラウジングであるのでMS OFFICEはほとんど用事がない。たまに使うときにはもちろん家でパソコンでやればよいが一応閲覧とメールでの添付くらいはiPadでできるようにしてある。

わたしで軽いというのはどれくらいかと言うと800グラム以下である。もちろんキーボード込み。これだと軽いと悦に入れる。900ではいくらでもある。1キロなんてとんでもない、すでに重量級だ。軽いモバイルツールをずいぶん検討してNECの800グラムを切るWINDOWSパソコンを持っているがこれは13インチと画面が大きいしWINDOWSは要らないので今はかみさんが使っている。800グラムを切るもので画面が10インチくらいと言うとASUSのサーフェスに似たモデルがある。やはりWINDOWS。パナソニックのレッツノートも軽いがこいつは格好悪い。それに高い。クロームブックでASUSから薄いのが出ているがこれは900グラムで重い。そんな中でだんとつに軽い690グラムというのがレノボから出ている。yogaなんとかいう奴だがこいつは薄くて使いたいなと前から思っている。アンドロイド版が安くて良い。ただキーボードが機械式でなく電子式である。音とバイブでフィードバックがかかるのだがさてどうなんだろう?一度使えばわかるのだが決心がつかない。

今のわたしはiPadair2にロジクールのキーボードでこれで770グラムである。大きさも手頃である。テキストの入力速度はパソコン並に快適である。変える理由はないがいろいろ検討している。趣味だから。
関連記事
ハルトモ
Posted by ハルトモ
自由人ハルトモ。那須とさいたまを毎週往復するリゾート&リタイアライフ、そして旅、投資ネタもありのブログです。
自己紹介へ

Comments 0

There are no comments yet.

コメント投稿