シンゴジラわたしは面白くなかった

2017年03月29日
0
0
日々の雑感ーリタイアライフ
シンゴジラはそれほどおもしろいと思わなかった。まあ暇つぶし程度。なんでこんなのがヒットしたのかよくわからない。いわゆる深みがない。ゴジラに命というものが吹き込まれておらずにただの化け物で終始しているので死んで行く時にも何も感慨がない。機械が停止したかのようにゴジラは死んだ。

昨年は、君の名がという映画がヒットしたが、わたしは興味がわかない。一番気にくわないのは、人様を感動させてやろうという心持ちである。そんな作り物の感動なんか見なくても世の中には瞠目すべき事実に溢れている。稀勢の里、彼は人を感動させてやろうなんて心持ちで怪我を押して相撲を取ったか?

感動は結果、なにか面白いものを作りたいとか、あるいは何か言いたいことがあるのかとはそれはそれであると思うけど、感動させようと言うのはその先に人様の心を操ろうという胡散臭さをわたしは感じる。

最近はスポーツ選手でも感動させたいとか言う人間がけっこういる。人様はどうでも良いからもっと自分のことに必死でいいんじゃないかってわたしは思う。所詮自分のためにやっていることは間違いないわけだから。
関連記事
ハルトモ
Posted by ハルトモ
自由人ハルトモ。那須とさいたまを毎週往復するリゾート&リタイアライフ、そして旅、投資ネタもありのブログです。
自己紹介へ

Comments 0

There are no comments yet.

コメント投稿