センスのあるなし

2017年03月05日
0
0
日々の雑感ーリタイアライフ
最近はスキーばかりでゴルフはご無沙汰であったが久々にやまさんとヒロシ君とご一緒した。それぞれまだスキーの方に心が行っていて、ゴルフしながらスキー談義というラウンドであった。朝は少し寒かったが後半は暖かく風もなく絶好のラウンドとなった。芝が薄いのでそれで打ちづらいくらい。

久々にゴルフをやるとやはりスキーとは違って点が付くという意味で喜怒哀楽もあるし励みにもなる。やはりゴルフは面白いと思う。スコアは40,42で82,やまさんとヒロシ君も似たようなスコアであまり差はつかなかった。これから本格的なシーズンだからいつものように熱戦を繰り広げることになるんだろう。

上がってくると久々にしゅーさんに会った。今日は月例でバックティーから72で回ったそうだ。パープレイ。この方は元々身体能力は高い人だと思っていたが、長い間それほど我々と大きな差はなかった。あまりラウンドしていなかったからだと思う。それが最近根を詰めてゴルフに打ち込んでいるようで、こっちは似たようなスコアでうろうろしているのにあっという間に手が届かないところに行ってしまった。やはりアマチュアでもセンスというのは大きな要素を占めるんだと思う。センスというと実体がわからないけど才能とか言ってもいいのかもしれない。

わたしは非常に腕の良い営業マンであったわけだが特段細かに誰かに指導を受けたというわけではない。投資だって株も不動産も為替も誰にも教わっていないし勉強もしていない。やはりセンスに恵まれていたということにはなるんだと思う。ただここで何度も書いているけど世の中のほとんどの人が投資で儲からないのはセンスがないからではない。よく考えていないからだ。よく考えて切磋琢磨して腕を上げればそんな損しないくらいにはたぶんなれるんじゃないかなと思う。

わたしは良い分野のセンスに恵まれたと思う。実益があるからだ。いくらセンスに恵まれてもそのセンスを生かせなかったりもあるだろうし、すごい連中がいるところでは少々のセンスじゃのし上がれない。わたしは営業でも投資でもさほど挫折もなく特段の修練とか努力もなく最初から、それも多くの人とは違うやり方でうまくやることができた。

それはどんなセンスかなと考えると、たぶんわたしは他人の経験を自分のものにするセンスに恵まれている。自分で何度も失敗しないとなかなか気づけないことが、わたしは他人を見ていて気づけて行動に移せる力があるようだ。

それから他人の立場に自分を置いて考えることができる。他人の気持ちがわかるとか他人の立場に立てるのとは違う。他人の立場に置かれたとしてベストの考え方はこうである、自分ならこうするという良い答えがすっと出てくるのである。他人が今は考えついていない良い案も先回りして考えつく力と言えばいいか、だから相手の意表を突いたり出し抜く力が高い。

なぜそうなったのかはよくわからない。生い立ちとか子どもの頃の経験とかが影響しているとは思うが、センスを直接与えられたという気はしない。なにせセンスで儲かるというのはこれはとてもありがたいと思う。ゴルフやスキーのセンスが多少あってもたいして金にならないのでは別に楽しむという意味ではあまり変わらないとも言える。センスというのは、勘とか才能と同じくよくわからないものではある。
関連記事
ハルトモ
Posted by ハルトモ
自由人ハルトモ。那須とさいたまを毎週往復するリゾート&リタイアライフ、そして旅、投資ネタもありのブログです。
自己紹介へ

Comments 0

There are no comments yet.

コメント投稿