保証人

2017年02月23日
2
0
日々の雑感ーリタイアライフ
実母のまっちゃんは宮城の新築の復興住宅に入居が決まった。間取りは3LDKで十分な広さがある。家賃は月に6800円である。年齢とか収入とかいろいろ条件があって決まっているそうだ。たぶん何年かごとに家賃も上がっていくがそれでも知れている。基本は一生そこに住める。こうなると家なんて持っていないほうが良いくらいな気がする。実際は姉のしみちゃんの残した土地があるので(家は津波で流された)人によってはやはり補助を受けて自宅を建て直したりしているようであるが、まっちゃんは家なんて建てても仕方ないしそんな金もないので復興住宅である。いまは被災者住宅だが引っ越し代まで出してくれるんだって。

入居にあたり保証人と身元引受人が必要ということで、それでわたしになってくれとまっちゃんから書類が送られてきた。高齢なので介護とか病気の話もあるから身元引き受け人はMUSTであると自治体から言われたらしい。私以外に頼む人はいないようである。早速印鑑証明を取って実印を押して返送してやった。4月に見てこようと思っている。ボルボの自動運転で。

普通は実子のわたしが身元引受人になるで問題ないのだが、なにせ幼少時に別れてその後震災まで50年ほとんど縁がなく生きてきた。そうは言ってもわたしが結局面倒を見ることになるんだろうなと思っていたが、それが書面になるということだ。まあしげちゃんやしみちゃんも面倒見てるわたしだから当然だろう。なんだか老人にすごくモテる。もしそうであるなら20年くらいしたら同世代からモテモテってことかな?

保証人になるにあたり収入証明を添付した。保証人の経済力を示すインデックスは仕事をしていて収入があることだそうである。資産がいくらかは問わない。わたしの場合は去年の6月までサラリーマンだったので一応問題ないと思うが無職になった今後は借金などの保証人になってくれと言われてもたぶん通らないと思う。これは素晴らしいことだ。人から頼まれても保証人になれないのだから断りやすいし問題を未然に避けられる。

今後わたしが保証人になる可能性があるのは娘だろう。娘が住宅ローンを抱える展開にはならないとは思うが仮にそうでも保証人は要らないからせいぜい就職の保証人くらいか? あと賃貸住宅の保証人の可能性もあるがたいしたことないな。それにわたしが保証人になれなくてもハルトモの娘ならとまったく問題なく保証人になってくれる友人がわたしには複数いる。事実だから自分でいうがわたしは親友からの信頼は厚い。一方付き合いの浅い人間からはあまり信用されない。

なにせ30数年前にわたしがアパートを借りた時に友人の今さんに保証人になってもらったのである。いまさんとは40年のつきあいが続いている。なんで今さんに頼んだかと言うと、実父と養母からは断られたのである。若い頃のわたしは見込みがないと思われていて親はわたしに関わりたくないと思っていた時期があるが、その後病気になればそんなこと忘れて頼ってくる。

実母のまっちゃんの話に戻れば、子供の頃からの経緯やまた最近でも姉のしみちゃんをわたしに押し付けて全部面倒を見させたことなど思えば、保証人になることを拒む人もけっこういると思う。実に身勝手な人間なのである。まあそもそも普通は震災の時に単身乗り込んで救出せんわな。

身勝手な人間を身近に持ってわたしは意外と腹が立たない。たぶん余裕があるからだろう。むしろなんて自分は格好いいんだろなんて悦に入ってしまうくらい。普通はできないだろう、なんてね。人生にはそういう喜び方もあるということである。
関連記事
ハルトモ
Posted by ハルトモ
自由人ハルトモ。那須とさいたまを毎週往復するリゾート&リタイアライフ、そして旅、投資ネタもありのブログです。
自己紹介へ

Comments 2

There are no comments yet.

金田勘十郎  

No title

私も、ハルトモ様のような、心の広い人物に、なりたいです。

2017/02/23 (Thu) 21:21

ハルトモ  

No title

わたしは心が広いと言われた事はないですが、もしこれが広いと言うなら、ご自分でグイグイと中から押して広げたらよろしいのではないでしょうか?

2017/02/24 (Fri) 10:20

コメント投稿