格安宿

2017年02月07日
0
0
日々の雑感ーリタイアライフ


先週楽天で泊まった塩原のホテルが素泊まりで4400円、今回泊まった那須の民宿がやはり素泊まりで3500円。わたしの場合素泊まりだとこれくらいが目安である。一泊二食付きも検討しているがこれも7000円以下が目安だ。できたら6500円くらいがいい。一室一人でこの予算だと探すのは大変だがそれなりにある。もちろん変なところは嫌。口コミで評判が良いところがいい。

なぜこういう予算かと言うと、ちゃんと理由があって、ベンチマークは車中泊である。ただスキーを終えて疲れているのでゆっくりとお風呂には入り体は休めたい。でないと翌日のスキーに差し障る。それでは本末転倒。車中泊は手段であって目的ではない。日帰り入浴施設でゆっくりして寝るときに車に移動するというのがいいとなる。そうなると夕食は日帰り湯の休憩室の食堂ということになるが、ここで飲み食いするとやはり2000円くらいはすぐに使ってしまう。ちょっと飲む量が多いともっといく。入浴料が700円とかだと合計で3000円以上は使ってしまう。

その点宿であれば自分でスーパーで買って部屋でゆっくりと食べればいいのだからそんなお金がかからない。飲み物だって買って持ちこめば安い。那須の民宿はそばにわりと大きなスーパーがあり、そこでお総菜がタイムセールで半額になっていた。いろいろ買って飲み物も缶チューハイが90円とかだから、全部で1000円もいかない。だから4000円くらいの素泊まりであれば車中泊よりコストパーフォーマンスは上だということである。

那須の民宿は隣が那須温泉の共同浴場だが温泉の質は抜群である。那須の湯元は箱根の大涌谷のような雰囲気があってここはゆっくりとする価値はありそうだ。わたし以外にも数組の宿泊があったが湯治客のようであった。ネットで宿の紹介で築100年の古宿ですが雨露しのげれば良いという方はどうぞ、なんて書いてある。でも評判はいい。行ってみると確かに古いが寝るだけなら十分である。電子レンジもトースターもおいてあるのでスーパーかコンビニで買ったものを温めればいいしパンも焼ける。ロビーではお湯も用意してあって、インスタントだがコーヒーも飲める。なかなか良い。

一人で切り盛りするおばさんに聞いてみた。100年もここでやっているんですか? そしたら100年は嘘で築60年ちょっとなんだって。それでも確かに古いが100年と言っておけばお客さんが驚かないしクレームもこないかなと思って、だって。なかなかおもしろい。ネットですこしでもよく見せようとする宿が多い中見上げたものである。そうやってリピーターを引き寄せているのであるからこれは立派な戦略家である。

さて次は一泊二食付きのプランに挑戦したいところだ。いろいろと候補はある。
関連記事
ハルトモ
Posted by ハルトモ
自由人ハルトモ。那須とさいたまを毎週往復するリゾート&リタイアライフ、そして旅、投資ネタもありのブログです。
自己紹介へ

Comments 0

There are no comments yet.

コメント投稿