ソフトキーボードはぎゅうぎゅう押さない

2017年01月19日
0
0
スマホ・ガジェット
午前中から渋谷に出て街をぶらついてたまには買い物をしてそれで呼吸法の稽古にそれからさいたまに戻りフィットネスジムと言うのがひとつのパターンになっているんだけど、渋谷でお茶をするという機会は多くて、だいたいスタバに行くんだけど、ほかにマックということもある。100円とか150円で飲めるからね。わたしはこの100円200円の差は気にするほうだ。理由はスタバもさほどマックと変わらないと思っているから。

さいたまのマックだと子連れでギャーギャーうるさいとか、中学生がたくさんいて大声で話したりとか落ち着ける雰囲気は期待できないけど、さすがに渋谷のマックになると客層は一段上がるというか違うというか、田舎のスタバくらいの雰囲気はある。だから個人的にはマックでもかまわないという気はする。特に最近はマックは店の内装をおしゃれにしているので違和感はない。ネット接続も最近はマックは無料である。

コーヒーの味ということでもスタバもマックも美味いとも思わないけどでもこれでいいんじゃないかって思う。あまり高い金を出しておいしいコーヒーを飲みたいとは思わなない。家ではだいたい軽井沢から買う丸山コーヒーのモカを飲んでいるが最近はカルディのコーヒーも買っていてこれも悪くない。どちらもそんな高いものじゃない。

ところで標題の件だけど、わたしはフリック入力は使わない。けっこう頑張って練習した時もあったのだけど、小さい文字とか濁点を打つのが面倒でそれでGodanという特殊なローマ字入力アプリを使ったり、あるいはiPadだといわゆるクエーリーとか言う普通のアルファベットキーボードを使っている。ハードキーボードを使う頻度が高いわたしにとってはソフトキーボードは違和感がある。その大きな理由は入力のタイミングである。基礎的なことだけどこれは知らない人もけっこう多くてスマホとかタブレットでぎゅうぎゅうと押すようにソフトキーボードで打つ人がそうなんだけど、ソフトキーボードは押してもダメ、入力のタイミングは離す時、指を離さない限り字は入らない。だから打つより離すほうに意識を持っていくとミスは減る。でも時間差はあるからやはりハードキーボードに慣れていると違和感があるということなんだけど。こんなことでも知っていると知らないじゃ差がある。大したことじゃないし、難しいことでもないのだけど。

案外人生ってのはこうやって細かな差の積み重ねでそれで長年の結果として大きな差がつくのかもしれない。キモはいつも観察して考えて工夫するってことだろう。
関連記事
ハルトモ
Posted by ハルトモ
自由人ハルトモ。那須とさいたまを毎週往復するリゾート&リタイアライフ、そして旅、投資ネタもありのブログです。
自己紹介へ

Comments 0

There are no comments yet.

コメント投稿