おじいちゃん格好いいや

2017年01月11日
0
0
人生の考え方


資料を送ってくれた会社の方に迷惑をかけないためここでは社名はあえて伏せるが、静岡県の清水を創業の地とする会社で今も従業員千数百人の規模だから一応大企業。日本各地に工場を持つ。この会社の創立主要メンバーの一人がわたしのおじいちゃんである。創立は昭和22年、それで昭和29年に清水に次いで気仙沼に第二工場を建設する。そこに大学をでて間もないわたしの親父が派遣されるわけだが、その気仙沼で料理屋を開いていたしみちゃん(わたしが気仙沼から震災の時にさいたまに連れて来て死ぬまで面倒をみた)の店にいくようになる。そしてその店でしみちゃんの手伝いをしていたのがしみちゃんの妹でわたしの実母のまっちゃんである。おやじはまっちゃんが好きになった。当時でも従業員は数百人いたらしいから、そこの御曹司(わたしの親父ね)に見染められたというところだったらしい。生まれ年を考えるとまっちゃんはまだ20そこそこだった。親父も23、24か?

沿革によるとこの会社は昭和31年に伊藤忠商事の傘下に入っている。この傘下に入るのがわたしのおじいちゃんは相当不本意だったらしい。だが交渉はおじいちゃんが行った。そこでどんな議論があったか知るよしもないが、おじいちゃんは会社に残るを潔しとせずに会社を退任して、自らの事業に専心する。おじいちゃんの新会社は日の出の勢いで成長して従業員が200人くらいの規模となる。おじいちゃんは伊藤忠商事とはわだかまりがあったので、パートナーとして別の商社を選ぶのだが、(会社名が思い出せない)その会社が倒産してしまい、そのあおりを受けて事業につまづく。オリンピック直後は不景気で倒産が多かったそうだ。おじいちゃんと親父はおなじく取引のあった丸紅に救済を願い出るが、そこで丸紅から切られる。親父は丸紅のことをいつも悪く言っていたけど、いい加減な人間だから、たぶん当然の判断だったんじゃないかなてわたしは想像している。

おじいちゃんが興した会社はいくつもあって、その中で健全なものは存続をすることになるが、そこで親父は相続をしなかったのか、あるいは道楽息子で相続を許されなかったのか、いずれにせよ親戚とは断絶状態になる。事業は親父の姉の亭主が継いだ。まっちゃんとも別れた親父はわたし一人を連れて長屋のようなアパートに住むが、乱れた生活でわたしは犬のナナと毎日味噌汁ご飯を食べていたが、ある日児童相談所に連れていかれる、そして児童養護施設にというわけだ。

おじいちゃんのことが知りたくて、その会社の総務部に連絡を取って見た。事情を簡単に説明すると調べて見ましょうと快諾を得てそれでその日のうちに返事がきた。社史に祖父の名前も写真も載っているとのこと。早速関連する部分をコピーをとって送ってくれた。写真は昭和20年代後半の会社幹部の写真。この中で名前入りで社史に残っているのは2人。そのうちの一人がわたしの祖父である。伊藤忠との交渉責任者も祖父であったと社史に記されている。おじいちゃん格好いいね。ちなみに親戚の間ではおじいちゃんの風貌に一番似ているのはわたしなんだそうだ。
関連記事
ハルトモ
Posted by ハルトモ
自由人ハルトモ。那須とさいたまを毎週往復するリゾート&リタイアライフ、そして旅、投資ネタもありのブログです。
自己紹介へ

Comments 0

There are no comments yet.

コメント投稿