優雅な失業者

2017年01月01日
0
0
マネーと生活


人生で初の失業者としての元旦であるが平日と比べて特段かわりはない。仮に就職しなければ9月までは雇用保険が出るので失業者という肩書きで、10月からは無職ということになる。だから人生で最初で最期の失業者の元旦だ。よく味わおうともおもわんけどね。

12時を回ると地元の神社に初詣に行った。小さな神社で近所の人間しかこない。それでもいくともう行列ができている。そのお参りの行列とは別にお神酒と豚汁が振る舞われていて、お参りを終えた人間がそこでいただいているのだが、わたしはお参りの前にそこでお酒と豚汁をいただいて、それからお参りの行列に並んだ。待っている間に温まろうというわけだ。わたしだけだったな、そんなことしているのは。ほどなく順番が来て、ちゃんと作法通り執り行った。まずは昨年のお礼をしてそれから家内安全をお願いした。もう長年ずっと同じである。神頼みはあっていいが最小限である。

ヤフーで「優雅な失業者」って検索してみた。頭に日本一ってつけても検索してみた。そしたらある人のブログがトップに出てくる。別にブログの検索でなくてサイトの検索である。そのある人ってのはわたしである。その後個人は続かない。ほかにいないのかね?わたしみたいな人間は?

失業者とかセミリタイアとかで検索するとしみったれたサイトとかブログがやまほど出てくる。そのうちのかなりのブログは本当にしみったれた人間が書いているんだろうが、実は似非しみったれがたくさんいるのをご存知だろうか? 集客してアフリエイト収入を狙うのである。人間は自分より下の人間の様子を伺うのが好きだから、ぼやき系はアクセスがあがりやすい。ひとりでいくつものセミリタイアブログを持って似たようなことを書いて、それで毎月10万円くらい稼ぐ猛者もいるようだ。

まあそれもわたしに言わせればたしかにしみったれていると言えなくもないが、こういうしみったれたブログを書く人間は仮に本当でも嘘でも、これはさらにしみったれていきますよ。言葉というのはエネルギーだから、ネガティブな言葉を書いたり発していけばその負のエネルギーが自分に返ってくる。似非のつもりが本物のしみったれになる。まあ個人的にはざまあみろということではあるけど。

わたしのような自慢系ブログは希少である。自慢をみっともないと思う人間はたくさんいるが、そういう人間はわたしに言わせればしみったれだ。わたしが書いていることを読んで腹を立てるならそれは相当余裕がない人間だろう。実はわたしの半分もそのまた半分も人助けなんてできやしない。

さて雑煮ができた。さらに今日は新年会であるが、その前にランニングをする。カロリーを先に消費するという作戦だ。せっかくの新年会ダイエットをしているからと控えるのはしみったれ、かと言ってバンバン食べて太るのは、ばかったれ。昔こんなコマーシャルがあった。覚えておられる方はおられるかな? なんせよ、ことしもよろしく。





関連記事
ハルトモ
Posted by ハルトモ
自由人ハルトモ。那須とさいたまを毎週往復するリゾート&リタイアライフ、そして旅、投資ネタもありのブログです。
自己紹介へ

Comments 0

There are no comments yet.

コメント投稿