クリスマスだ

2016年12月25日
0
0
日々の雑感ーリタイアライフ
クリスマスの思い出と言うと小学生で児童養護施設にいたときの思い出が強烈だ。別にキリスト教徒でもないのに賛美歌を歌わされたり聖書を朗読させられたり、あるいは降誕劇と言ってキリスト教の劇までやらされた。ミッション系の施設だったからだが、わたしからすると大人からの理不尽な要求のひとつにしかすぎなかった。所詮大人の思いこみと自己満足だとむしろ大人への反感を磨いた。楽しい部分もあったけど総じてそんな思いでである。

昨年までは児童養護施設施設の職員としてクリスマスは忙しかった。それが今年は我が家でのんびりと家族でクリスマスを過ごしている。今日は渋谷まで西野流の呼吸法の稽古にでかけた。今年最後の稽古である。今年90歳になった西野先生はまったくお元気。わたしもかくありたいと願う理想像である。

稽古のあと渋谷の東急本店へ。一年に一度だけクリスマスはここで買い物をするというのが数年続いている。かみさんへのクリスマスプレゼントだ。この店はかなり高ピーという印象だが、わりとセールには積極的で出物も実は多い。高ピーだからこそモデル遅れは安いとその差を認めるんじゃないかと思う。12月24日から25日になっただけで2-3割値段が下がっている。今日はそこは押し目買いと言う奴だ。かみさんがちょっと軽く羽織れるアウターが欲しいと言っていたので、それを物色。確かにバーゲンでは安いがそれでもたぶんユニクロとはぜんぜん値段は違う。その差はよくわからないが、なんとなくシルエットとか違うのね。やはり高くも見える。

施設の子どもだったわたしが今はかみさんのために東急本店でひょいと買い物をする。隔世の感と言わざるを得ない。わたしが買ってきたものはセンスが良いとかみさんはとても喜んでくれた。そのあたりは実はわたしは自信はあるんである。理屈抜きのセンスというか感覚というか、そこは得意ということだ。
関連記事
ハルトモ
Posted by ハルトモ
自由人ハルトモ。那須とさいたまを毎週往復するリゾート&リタイアライフ、そして旅、投資ネタもありのブログです。
自己紹介へ

Comments 0

There are no comments yet.

コメント投稿