ストレスだったんだろうな

2016年12月15日
0
0
日々の雑感ーリタイアライフ
40代になったばかりの頃ひどいめまいに悩まされていた時期がある。回転性のめまいで立っていられないし、寝ていてもひどい車酔いのような状態になる。最初に発症したのはアムステルダム中央駅を出て繁華街に向かう大通りであったが立てなくなってしまった。しばらくパントマイムみたいに歩道に座ってじっと動けなかった。海外で一番不安になった経験だった。なんとかホテルの部屋に戻り医者を呼んだがちゃんとした治療はできっこない。休むと多少楽になるのでなんとか昼間会議だけこなして食事は全部断ってホテルで寝ていた。帰国後に今度はプレゼンテーション中に倒れて慶応病院にタクシーで連れて行ってもらい、その後精密検査をするが結局原因はわからない。

そんな状態で予約していたマウイ旅行の時期がきた。1999年41歳であった。ハワイは昨年も行っていたし中止しても良かったのかもしれないが、とにかくわたしは行った。行きの飛行機はかなりひどい状態で食事もしないでずっと寝ていた。ビジネスクラスなんでそこは楽だった。マウイになんとかついて運転して、マケーナにある当時はマウイプリンスホテルと言っていたがそこにチェックイン、日系のホテルだが穴場的で前から泊まりたいと思っていた極上のホテル、そこに2泊だけしてそこからカパルアのリッツカールトンに5泊というスケジュールであった。ホテルのプロモーションプランの絡みでそうした。

だがホテルの部屋に入るともう動けなくなった。こりゃあかんとベッドで横になる。ずっと外の景色を見て寝ていた。遠くに海とゴルフ場が見える。そしてマウイに爽やかな風が部屋に入ってくる。テレビは本も気持ち悪くて無理。ずっとぼんやり景色を見て、結局2日間ほとんど部屋にいてもちろんホテルからは一歩も出ずにマウイプリンス滞在を終えた。食事もかみさんに買ってきてもらったりルームサービスばかりだったと記憶している。かみさんと娘はホテルの敷地を散歩したりプールで遊んだりそれなりに楽しんでくれていた。それでチェックアウトの朝になると非常に体調がよくなったのが自分でもわかった。体からなにか悪いものが出て行く気がした。





ということでその後カパルアに移動して残りの5日それは楽しくハワイライフを堪能した。あっけないくらいに治った。

そして日本に戻りしばらくするとまためまいは再発した。今にして思えばストレスということなんだろうけど、まだ株で稼いだり会社で出世する前の話である。わたしもそういう時期があったのである。ちなみにめまいはしばらく続いたがいつどうなやってなくなったかはよくわからない。知らないうちにだんだん減ってなくなった。その後2度と出ていない。直ったのと会社の昇進や株の勝負の前後関係は良く覚えてないが、大きな利確をしたのが43-44才の時、会社で部長になったのが45才ぐらいだったから似たような時期だった。ごぼう抜きで出世街道を駆け上っていた頃であるがいろんなことが同時に起きた時期でもあった。
関連記事
ハルトモ
Posted by ハルトモ
自由人ハルトモ。那須とさいたまを毎週往復するリゾート&リタイアライフ、そして旅、投資ネタもありのブログです。
自己紹介へ

Comments 0

There are no comments yet.

コメント投稿