密告

2016年11月29日
0
0
日々の雑感ーリタイアライフ
毎日ニュースで横領だ収賄だとの報道がなされている。会社で役所でもそれは金を使い込めば犯罪であるし厳しく罰せられる。ところがこれが逆だうまく罰するルールがない。勝手に自分の金を会社につぎ込んで、、、弁償じゃないか、金をもってけ、、なんて聞いたことない。

児童養護施設ではずいぶんと自腹で、こどもにおごったりプレゼントしたり、勉強道具を買ってやったり、受験勉強の授業料を払ってやったり、それから卒業入学のお祝いもしたな。こういうことをわたしがしていて、そんなこと許されない園長にいいつつけるぞって調子ですごむ同僚もいたけど、別に怖くなもんともない。こっちは確信犯だ。クビでもいいのだから。そんで実際言いつけられたが別にクビにはならなかった。それどころか文句も言われなかった。

結局詳しく調べようとすると、こどもたちがわたしをかばうのではっきりした証言がでてこないし証拠の品も隠されてしまうのでの捜査は行き詰まるのである。それに仮に子供からわたしがあげた物を取り上げても、こどもの不利益にはなるし、恨みは買うし、かと言って施設は金がないから買ってやることもできないし、前例がないことに弱い組織だからどう対処していいかわからない。わたしは子供ごとよく考えてあげていたしね。

ということでわたしの振る舞いが表沙汰になることは結局なかった。いろいろ調べたり、園長がこどもに問いただしたりするんだが、その内容が全部わたしにリアルタイムで入ってくる。園長がこんなこと聞いてきたよとか、こうやって答えておいたよとか、職員同士でこんなこんな相談してたよとか、わたしに隠して調べているつもりだけど、みんな筒抜け。まあそれは笑って聞いておいた。

児童養護施設ではこどもの小遣いの管理を担当職員がしているのだが、かなりいい加減であった。意図的ではないかものかしれないが誰もチェックしないから絶対に職員は勘違いも誤りもしないことになっている。それでこどもが損しているケースがけっこうあった。以前も書いたから暇な人は探せば出てくるが、本当にひどい。結局損はこどもに押しつけられる。それからこどもの小遣いは無駄に使わせないように管理しなければいけないのに、いい加減な管理でこどもの小遣いがすっからかんなんてケースもあった。こんな連中がわたしのことを自腹を使っていると責めるのだから笑止である。

このブログの存在も園長に知られたが、その理由はここのブログの読者が密告したからである。こんなふざけた職員がいるぞ、勝手にやらせるな、と匿名での密告が役所にあって役所から園長に、そんでわたしに抗議となったが、別におかしなこと書いているつもりもない。

たぶんわたしを妬んだか反感を持ったかで、それで懲らしめてやろうとでもしたんだろう。痛くもかゆくもない。わたしはけっこう思慮深いのである。ちゃんと出るとこ出ても負けないように書いている。

その密告者今でもこのブログを読んでるのかな? たぶん株関係でネットでうごめいている意気地なしかもしれん。人の悪口をかげで匿名で言う人間はごろごろしているから。そいつは子どもの敵だ。
関連記事
ハルトモ
Posted by ハルトモ
自由人ハルトモ。那須とさいたまを毎週往復するリゾート&リタイアライフ、そして旅、投資ネタもありのブログです。
自己紹介へ

Comments 0

There are no comments yet.

コメント投稿