何もしない贅沢

2016年11月28日
2
0
人生の考え方
娘がグアムから帰ってきた。蒸し暑いと聞いて覚悟して行ったので、それほどとは感じなかったそうだ。ずっとホテルにいて何もしないのでそれでOKということだそうだ。観光もアクティビティもなしだったそうだ。娘はまだ学生なのにずいぶんと贅沢を覚えてしまった。

でも考えてみると不思議だ。リゾートホテルの部屋とかプールサイドにいてそれで寝たり本を読んだりしているのは、やっていることは別にそこでなくてもできること。別にお魚見なくても観光しなくてもそれがリゾートなんだよね。



グアムのおみやげはマウイオニオンスナック、これ美味しいから買ってきたって。マウイも何度も行っているのでおいしいのは知っている。こりゃいいやってワインと一緒にいただいたけど、グアムの土産じゃない。こういう感覚も今の若者だからか? それとも娘が頓着ないのかよくわからない。

次はわたしとかみさんがサイパンに行く。9月にウィーンとローマに娘とも行ったし、失業者にしてはずいぶん優雅。いつかばちでも当たれと願う読者もいるのかもしれないが、とんとそんな気はしない。親孝行も他人孝行もボランティアもしているし、いっさい人から恨みを買うような機会もない。人を不愉快にさせることもないし、不愉快になることもない。

職場での人間関係は難しいとはよく言うがあれは損得利害、すなわちお金が絡むからそうなるってことだとすると、大したことない小銭のために人間はずいぶんと自らと他人を傷つけて生きているってことになるのかね?

株でもしも儲けたらって記事を書いたけど、職場でリゾート気分で、何もしない贅沢? なんてやれたら傑作だろうね。最高だろう。そんでどこまで行けるか笑いながら自分と周りを見ていればいい。わたしは会社でも児童養護施設でも好き勝手にはやったけど、さすがに何もしない贅沢まではやらんかったな。再就職する機会があったら、狙いはそれだな!雇い主には迷惑な話だろうけど。
関連記事
ハルトモ
Posted by ハルトモ
自由人ハルトモ。那須とさいたまを毎週往復するリゾート&リタイアライフ、そして旅、投資ネタもありのブログです。
自己紹介へ

Comments 2

There are no comments yet.

金田勘十郎  

No title

実は、私は、上のほうから睨まれていて、出世がものすごく遅いです。後輩にもどんどん抜かれていますし。
職場の人たちはみな親切ですが、何となく気を使って私に接しているのがわかります。
今日の記事を拝読して、なるほど、そのような受け止め方があるのかと気づきました。頭の中が、少し、自由に動くようになった気持ちです。
ありがとうございました。

2016/11/28 (Mon) 22:30

ハルトモ  

No title

サラリーマンはすごろくゲームみたいなもんですから、それは昇進したほうがおもしろいですよね。でも昇進しなくちゃいかんというものでもない。大した話じゃないですよ、、、株で儲ければね。

2016/11/28 (Mon) 23:58

コメント投稿