今日も渋谷

2016年11月25日
0
0
日々の雑感ーリタイアライフ
毎週渋谷に呼吸法の稽古に出張るんだけど、ついでにいろいろなところを回ったりあるいは食事をしたり買い物をしたり。定期的なかみさんへのプレゼントはだいたい渋谷で買うことが多い。プレゼントには東急本店で選ぶことも多い。そういうことで呼吸法の稽古ならジャージにトレーナーでもかまわんのだが、別におしゃれはせんでもやはりそこは多少の格好はする。そんで着替えを別に持っていく。他人がどう見るかというより街を歩くときの自分の気分の問題である。

年齢を経るごとに他人の視線というのはあまり気にならなくなっているというのは事実としてある。どう思われようが構わないという性格で、多少店で失礼な扱いを受けてもそれで腹を立てることもない。

いつだかかみさんに時計を買おうとしてある店に入って、その時に店員からお前には買えないだろうという態度を取られたことがある。もちろんそうは言わないがそう見られたのはすぐにわかった。買いっこないって応対なのである。わたしは世情に通じているからいろんなレベルの人間の動きに詳しい。見ていないようでかなり見ている。それを表に出さないだけで、そうでなきゃ一流の営業マンであれたはずはない。ただそこからの反応はわたし独特だったんでみんなわたしは見ていないと思いこんだ。そこが狙いでもあったね。

さてその店で気色ばんでぱーんと買って驚かせるとかいうとまるで水戸黄門みたいで格好いいと思う人間もいるのかもしれないけど、わたしはすごすごと引き下がる。別にそこで買わんでも店はいくらでもある。貧乏人と思わせておけばいいのだし、その店員は、やっぱりな、と自分の見る目が正しいのだと悦にはいるかもしれないが、それでけっこうである。ひょっとしてほかの同僚にちゃんと買う客買わない客見分けろなんて講釈垂れてるかもしれないと思うとこっちもなんだか可笑しくなる。そんで二度と行かないから二度と会わない。それまでのこと。

大学生の時にいろんな国の紳士の振る舞いを書いた英文を読んでまだ覚えているが、イギリス人がわたしと同じような振る舞いをするらしい。それでいいなと思ったので真似しているのかもしれない。イギリス人の紳士は不愉快な扱いを受けても決してそれを表に出さずにこやかにその場を後にする。そして何があっても二度とそこにはいかないのだそうだ。

わたしとの大きな差はわたしは特段不愉快にならないことだ。わたしはあまりないが不愉快だったら顔に出る。不愉快でないから普通に店をでれる。二度といかない理由はそういうお馬鹿な店員がいる店では上質な買い物はできないからだけである。雇う経営者だか上の人間もきっとバカだ。そう断じて不都合はない。店はいくらでもあるのである。

先週は渋谷も秋の気配と書いていたのに、今日は冬の寒さである。さすがに昨日の雪は残っていないが肌に寒気が刺さるようだ。来週になれば12月。クリスマスもあるから渋谷の街も活気づく。キリシタン?じゃないけども街を歩くだけでなんとなくうきうきする。ここ数年はクリスマスというと気が重かった。ミッション系の児童養護施設でクリスマス会とか礼拝とかこどものクリスマスプレゼントの手配とか行事が多くて大変であった。もちろん大掃除もせねばいかんし、そんでクリスマスの行事が全部終わった12月25日の夜の10時くらいから職員の忘年会をやるんだけど、賛美歌を歌わされて聖書を朗読してそれでケーキかなんか食べてなんか昼間やるようなことを夜中にやる。職員はみんな疲れていて早く帰りたいけどそれはいないといけない。

もちろんそれで腹を立てるということではない。大したはなしではないし時間が経てば終わることだ。わたしは施設にいて子供の扱いが納得できなくて怒ったことは何度もあるけどこういうのはどうというとはない。ただ眠いのに夜中に淡々とみんなでケーキを食べる光景が異常でよく覚えているという話だ。

施設の子供たちはクリスマスの行事が嫌いであった。いろいろ参加を強制されるからである。劇にでろとかね。職員も好きでやっていたわけでもないが、それはまあ仕方ないことである。つまらないと思っても大した話でなきゃそれは黙ってやっておくというのが世間ではよくあることで社会に出る練習になる。本当に戦かうときに戦えば良いのである。そんな話を施設の子供にしたことを覚えている。向こうは覚えてないだろうな。

施設の子はこまごま突っ張ったり逆らったりするが肝心な時にはからきし意気地がないということが多い。わたしが施設で子供のために、園長やベテラン職員に戦う姿を見せたのもここというときに逃げるな戦えという見本の意味もあったが、、さて彼らにはどう映ったか? 変なおっさんと思われたことは間違いないのだが。
関連記事
ハルトモ
Posted by ハルトモ
自由人ハルトモ。那須とさいたまを毎週往復するリゾート&リタイアライフ、そして旅、投資ネタもありのブログです。
自己紹介へ

Comments 0

There are no comments yet.

コメント投稿