もっと○○があればいいなあ

2016年11月23日
0
0
日々の雑感ーリタイアライフ
痩身エステはいろんな業者があって以前から興味があった。それは楽して痩せられれば言うことはない。特に部分痩せなど本当にできたら夢のようだ。問題は費用に見合う効果があるかだ。終わったときは痩せた気になったが数日したら元の木阿弥ってことじゃやる意味ない。費用はどこもかなりする。調べてみるとどこの業者も体験コースというのがある。体験コースは無料ではないが数千円で試しに払ってもいいかなと思える金額だ。ということで試しに一社行ってみた。

腹の贅肉をローラーとか吸引でぎゅうぎゅうと転がす。けっこう痛いがそうすると贅肉が柔らかくなるそうだ。その上で電気のついたパッドで電流を流すと腹部が刺激される。ピクピクと動く。体をアルミホイルみたいので囲うから汗がすごく出る。やることはそれだけだ。それで普通に払うと2万数千円、、体験は2000円。やる前とやった後に測定をするのだがその数値が嘘っぽい。脂肪が2キロも燃焼していると。どうにも信じられない。今通っているジムで測定した数値を食い違っているがとんでもなく違うというわけでなくうまく調整してあるみたいだ。要は効果を大きく見せている。

費用のことは別にしてやった効果はある気がした。特にこのエステを終えた後にジムに行くといつもよりたくさん汗が出た。いかにも脂肪が燃焼しているという気がする。これで数日走って腹部に効果があると、、そしたら別の会社の体験コースに行ってみようかと思う。正規で入会して数十万円払う気はさらさらない。

わたしの腹に肉がついたのは高校生の時からだから40年も前のことだ。それ以来己の腹筋というものを直接見たことがない。これは発掘調査に似た興奮がある。いったい自分の腹筋はどうなっているんだろう? はやく自分の腹筋に挨拶したいものだ。


金があればこんなことしたいなあ、とかこんなもの買いたいなあとか、そうやっていろいろ夢想するのはけっこう楽しかった記憶がある。家だってこんな家が欲しいなあといろいろ間取りを考えたり、素敵な家具を置くことを想像したり、車だってこんな車乗っていたら格好いいなあ、とか。どこかに旅に出たいなあとか、おいしい料理を食べたいなあとか、もっと身近だとこんな服が欲しいなあとかでも。

欲しいと思う物をなんでも買えるようになると、そういう想像はしなくなる。まったくしないこともないのだが、今持っている以上のものを実際そんな欲しくないのだから夢想してワクワクとかはしない。貧乏か豊かかと言うより、欲の強さだろう。欲が強ければもっともっとと願う。わたしの場合はそんなお金に対しての欲はないと自分で思う。今で十分満足である。お金が足りない人から見ればそりゃそうだと思うのかもしれないが、そのあたなだってもっと下から見たら十分羨望の的かもしれない。なってみればもっと欲しくなる人間というのはかなりの比率でいる。あと心配性てのもある。十分持っているのになんだか不安でもっと欲しいとか。

ある程度金に恵まれてくると、栄誉というものが欲しくなる人間も多い。人々から賞賛されたいとか。下手すると歴史に名を残したいとか。あと自分なしでは会社とか自分を取り巻く世界が回らないと勝手に思いこみ、自分勝手な使命感を育む人も多い。別に自分が明日いなくなっても世の中誰もこまりゃせんのに。せいぜい困るとか心配してくれるのは家族までだ。家族で名誉とかはないからやっぱり他人からの賞賛が欲しいのである。栄誉と言っても半分くらいはおせじおべっかの世界だから真に受けて喜ぶのもあまり格好いいとわたしは思わないタイプで、会社ではそれなり出生したけどそれはポジションが上がれば給料が上がったのと、それと権限が増して自分で裁量できるから昇進は好ましいというだけで、別に栄誉は欲しくない。長いこと働いたけど最後は肩書きも名刺もなく終わった。それで十分である。

わたしがもっと○○が欲しいなあ、と今思うのは、ゴルフの飛距離と、あと筋肉。どっちも金では買えない。贅肉はとる手術もあるらしいが、さすがに筋肉を金で買って体に張り付けるのはない。ゴルフはもっと言うならテクニック面でいろいろあるがひとまず飛距離だ。今どっちもがんばっているので数ヶ月ではそれぞれ成果がそれなりに出るだろうと思う。そうなるとどんな気持ちになるんだろう? まあお楽しみだ。ゴルフは甘いもんじゃない。
関連記事
ハルトモ
Posted by ハルトモ
自由人ハルトモ。那須とさいたまを毎週往復するリゾート&リタイアライフ、そして旅、投資ネタもありのブログです。
自己紹介へ

Comments 0

There are no comments yet.

コメント投稿