半年後に生きてくるか

2016年11月21日
0
0
日々の雑感ーリタイアライフ
ゴルフの練習とラウンドは頻繁に挙行している。暇人がのんびりやっているだけなんだが労働人から見れば猛練習というカテゴリーだろう。特に5月6月など凄く練習していた。ブランクを取り戻そうと燃えていた。それでもゴルフのスコアはまったく良くならない、どころか悪化の一途である。ゴルフ仲間からはわたしが負けの安全パイだと完全に舐められるようになったが、一応慰めてくれる。その練習は半年後に生きてくると。

さて今年も11月を終わろうとしている。猛練習を始めて7ヶ月が経過したが、ゴルフのスコアにその成果が出てきているとはとうてい言えない。半年後の成果が今だとすると、一体何が生きてきたのか? 変わったと言えば、あまりのミスショットの多さに慣れてか、叩いても機嫌がさほど悪くならなくなった。ミスは当たり前のことである。ナイスは滅多にない。ナイスが出ると自分で驚くくらい。

今日も練習に出た。やれアドレスだスタンスだ、グリップだ、さて振り方だ、タイミングだ、いろいろ試行錯誤をすると、不思議なものでたいてい気づきを得る。得ないときもある。その気づきであるが、次のラウンドの時にはほとんどはてなんだったかな、おぼろげである。言葉では覚えているがどうも再現できない。それでも再現しようと努めるがまずスコアに反映されることはない。そしてコースでも考え出すと、これはまたひどいミスショットがさらに出る。

最近得た気づきはなんか今までと違って本物ではないかという手応えが実はある。アドレスで下半身に対して上半身が左を向いていることに気づいたのだ。スタンスはまっすぐで上だけ左を向いている。それがいろんなミスの原因であろうと、そう思いたい気持ちで一杯である。次のラウンドが楽しみでもあり怖くもある。まぼろしとか蜃気楼を追いかけている気分だ。

株式投資でもわたしのゴルフのようなことをしている人って、多いんじゃないかしら。これは自分の金で大変なことだ。趣味なら言うことはないが。
関連記事
ハルトモ
Posted by ハルトモ
自由人ハルトモ。那須とさいたまを毎週往復するリゾート&リタイアライフ、そして旅、投資ネタもありのブログです。
自己紹介へ

Comments 0

There are no comments yet.

コメント投稿