生涯悪ガキ

2016年11月16日
0
0
児童養護施設のこと
福島から避難した子供がイジメを受けていたとの報道がある。放射能だバイキンだと罵らて、賠償金があるだろうから金を持って来いと遊ぶ金をたかられたという。それで家の金を持ち出したそうだ。

調べに対して加害者とされるこどもは、「おごってくれると言うからおごってもらっただけ」と言い訳しているそうだ。なんで50万円も100万円もおごってもらえるのかには答えはない。

わたしが働いていた児童擁護施設。まったく同じことがあった。施設の子は被害者ではなく加害者である。

施設の子供が学校でいじめられるというのはあまり聞かない。むしろいじめる側であることが多い。施設の子はある意味たくましく強いものに擦り寄り弱いものをいじめる子が多いのである。さもなくば逃げ出す、不登校とか。

わたしが担当していた子も、中学の同級生の家に上がり込み、勝手に貯金箱の金をとったり食い物をとったりやりたい放題。それが露見すると、いみじむくも言い放った。「くれると言うからもらっただけ。自分は悪くない。」

その子は調べていく中で、どうせ自分は悪い子で誰も信じてくれないんだと、さらにふてくされていった。そして最後には、、、反省したふりをする。そうしないと施設にも居られずにもっと厳しいところに送られるという恐怖があるから。

小さい頃からいろんなかちで蹂躙されてきたこどもの闇は大きい。そのことは数年つきあったが、本音で言うなら今でも自分は悪くなかったと思っている。自分はもっと酷めにあってきたという気持ちがある。

そしてその子は高校に入ったが、今は不登校。高校に入ると似たようなレベルで自分より弱い子がいなくなる。そうなると本人も気づかぬ形で精神的なバランスが崩れたのではないかと、わたしは感じている。

さて、わたしもそういう世界にいたというノスタルジアがある。だからいじめる子供を単純に叱る気持ちにはなれない。確かにそれだけひどい目にあってきた子供たち。今回もいじめた側も一見普通の家庭の子供でもなにか闇を抱えていたのではないかと思う。

賠償金を持ってこいとか、放射能で汚染されているのだろうとか、たぶん親の会話の影響だろう。親の程度も推してしるべしである。

わたしは施設でも変わった子供だった。決して弱いものいじめをせずに上にたてつく子になった。ここで書いてきたが複雑な生い立ちが影響しているのかもしれない。元々は資産家の家の子だからね。

サイパン旅行にあたりESTAの申請を行った。サイパンは厳密にはアメリカではないがESTAは持っていたほうが入国がスムースらしい。それにそのうちアメリカに行く機会もあるかもしれない。有効期限は2年だ。

ESTAには両親の名前を記入するのだが、母親の名前を入れるときに、あれって思った。実母のまっちゃんの下の名前は知っているが苗字はなんだっけ? よくわからない。やはり50年別れて暮らしてきたってことを痛感せざるを得ない。たぶんこれだろうという苗字で申請しておいた。電話して本人に聞けばわかるのだろうがその気にならない。基本的には困ったら助けてはあげる、お世話にはなってないけどね。そういうスタンスである。

こういうちょっとした機会に自分の歩んできた道を振り返る。児童養護施設で3年半働いて思い出した。施設にいる子は皆本当に可哀想な子供たち。見ているだけでも心の中で涙が出てくる。その感情が50年前の自分を思い出すと同じように沸き起こる。同じくハルトモ君も可哀想な子どもであった。まさに貧困と虐待の真っ只中。ずいぶんひどい目にあった。

そこを思えば今の生活はまるで夢のようである。闇を抱える子には言いたいね。心の闇は誰かが埋めてくれるものではない。自分で、それも自分の知性で埋めよ。本はたくさん読んだほうがいい。理屈でよく考えれば何が得で何が損だかわかるだろう。自分で自分を助けよ。実際いろんなかたちで子供には伝えたがなかなかわかるもんでないだろが。

その一方で苦労知らずの子供がしたり顔で身につける大人の如才に反発する気持ちもある。大人になんかなりたくない、って気持ちが強い。ずっと少年でいたいね。かなりの悪ガキでしたたかだけどね。

人生でわたしにもっと大人の振る舞いをせよとアドバイスしてくれた人は数多い。上に逆らうなとか、最近で言うならブログで自慢するなって、それは好意から出たもので別に悪気もないのだろうけど、あなたが知らない世界もあるのですよ。一生悪ガキでみっともなくてけっこう。見て痛快だと思う人間がひとりでもいればいい。(もっと多いかも)

そんな悪ガキだって、必死に一人二人のこどもの応援もできるし、世話にもなっていない年寄りの面倒も見れるし、もちろん幸せな家庭もあって家族に何不自由はない。捨てたものでもないじゃない、これ以上なにがいるかね?
関連記事
ハルトモ
Posted by ハルトモ
自由人ハルトモ。那須とさいたまを毎週往復するリゾート&リタイアライフ、そして旅、投資ネタもありのブログです。
自己紹介へ

Comments 0

There are no comments yet.

コメント投稿