トランプ大人しいな

2016年11月11日
0
0
政治経済
トランプは殊勝な顔をして大人しい。当選して自分が一番びっくりしているのだろう。責任の重さに怖じ気づいているのか、それとも演技か? いずれにせよこれからが楽しみだ。案外まともであることを期待する声がけっこう出ているが、まともの意味はなんだ? まともならTPPに参加するという話でもないし、駐留軍の費用も増額なしでいいと言う話でもない。いくつかは引っ込めるがいくつかは当然進めるはずだ。

彼はビジネスマンだから実績とか結果にこだわるはずだ。政治の世界では10やると言って10やる人間が評価されるが、ビジネスの世界では10やると言って10やる人間より20やると言って15やる人間のほうが上だ。結局本当にどれだけ国民がハッピーになるかが重要で、別にトランプが言ったとおりにやったかやらないかじゃない。トランプを支持した人間だって本当にイスラム教徒を全面入国禁止にするなんてできるとも思っていないはずだし本当に国境に万里の長城が建設されるとも思っていないだろう。もちろんやったらやったで喜ぶ人間もいるだろうが、やはりやりすぎだと言う声もあがるだろう。反発はMAXになる。ただそれくらいの勢いがあるならそこそこ結果も出してくれるだろうと、そういう期待で投票したんだろうと思う。

それと日本のマスコミとか評論家で、トランプはなにもわかっていないから、これからいろいろ勉強してまともになってもらおうというような言い方する人間がけっこういる。何もわかっていないからあんなバカなことを言うのだと。それが本当かどうかわたしは知らないが、トランプと直接つきあったこともない人間がそう決めつけるとしたらそっちがバカだ。

彼は支持層の琴線に触れるような言い方をしたからこそ当選したわけで、さもなくば大統領になっていない。ある意味彼の支持層が物事をよくわかっていないという証左かもしれないが、だがよくわかっていなくても、その支持層の不満や鬱積は本物だ。その不満も鬱積もアメリカの格差拡大の本質にかかわる問題だから、それに対して知らぬ顔をするのではなくむしろ代弁者として声高に抽出するのは別に悪いことでもない。彼によってアメリカが分断されたかのごとき言い方をする人間も多いが、本音が表に出てきただけで、別に彼はまだ何もしていない。

ところで別にわたしはトランプ支持じゃないよ。どんな人間かも知らないし、だいたい言っている内容も賛成できないことが多い。ただ自分が長くビジネスの世界にいて、それで政治の世界をすこしかじって、それから役所的な仕事もすこしかじって、それでビジネスの世界とはまったく別の力学で動いている社会だという実感は十分得たからビジネスマンが政治をやったらどうなるか? それは興味ある。日本じゃあり得ない展開だ。
関連記事
ハルトモ
Posted by ハルトモ
自由人ハルトモ。那須とさいたまを毎週往復するリゾート&リタイアライフ、そして旅、投資ネタもありのブログです。
自己紹介へ

Comments 0

There are no comments yet.

コメント投稿