ずれてるみたい

2016年10月14日
0
0
日々の雑感ーリタイアライフ
午前中はプールで泳いで午後からホームコースの薄暮プレーに出場した。日没まで16ホールを回って最初の7ホールでは2オーバー、出だしダボだがその後は1バーディ1ボギーでなんとかかまとまった。

後半は7ホール+2ホールでこれは1バーディノーボギーで1アンダー。ということで16ホール回って1オーバー。今日はショットがまとまってアイアンの精度が高かった。これがライバルとの対決ででるようになればいいのだが、どうも力んでしまったりあるいはヘッドアップでもしてるのかなかなかショットが安定しない。さて次の勝負が楽しみだ。

やはりゴルフというのはメンタル面の影響が大きいスポーツである。ただ時間の問題だろう。いくらでも練習する時間はある。メンタルが弱いなら寺で神社でもどこへでも行く時間もあるし。

週末はゴルフと乗馬とそして飲み会である。前の前の会社で一緒に仕事をした仲間が5人集まって飲む。仙台や宇都宮の人間も来る。気のおけない古い仲間とあって飲む酒は良いものだ。まあ週末と言ってもサンデー毎日だからね。

この歌ご存知? Sunady Monday Tuesday Wednesday Thursday Friday Saturday and Sunday comes again. わたしのテーマソングみたいなもんだ。キャロルキングの名曲にある、WINTER SPRING SUMMER AND FALL. 一年の最初で冬で秋で終わる。これもいいよね。この秋のゴルフシーズンで一年が終わる。そしてスキーシーズンでまた一年が始まる。まあなんでもいいや、ぐるぐる回るってこと。

ところで今日のラウンドは同伴プレーヤーが皆上級者であった。2人は埼玉県の競技にも出ているらしい。もう一人もわたしと同じくらい。まあこういうと自分もさりげなく上級者と言わんばかりだが実際ハルトモ君はリリハビリ中とは言え元オフィシャルハンデ4.8だ。だが前の二人はハンデ1だって。

薄暮プレーということもあり、途中でホールをショートカットする人間たちもいて結局割り込んで来る人間がいる。その人間に対して、まあとんでもない連中だが、まあ喧嘩しても仕方ないし腹をたてるのもバカバカしいとか上級者が話している。わたしも同意を求められたが、実はわたしはまったく気にならないし、腹も立たないのね。そういう人間ているもの。なんとも思わない。

車を運転していても急に割り込んできたりする人間もいる。わたしは気にせず入れてやる。入りたいんだろうしなんか必死みたいだ。どうぞと入れてやればいいのだ。お礼もしないで、自分の俊敏なハンドルさばきで上手いこと入ったと思うのも自由だ。どうってことない。金持ち喧嘩せずと言う言葉もあるけど、わたしは裕福になる前からそういう人間だった。遺産が欲しいという人間がいてこっちにわたしたくないならくれてやる。そうやって遺産も放棄した。別に損したとも思わない。要らん、そんな金。結局いまのわたしは十分裕福だ。ざまあみろである。

わたしはゴルフ仲間からよく気遣いがないと叱責されるけど、つまり多くの人が腹をたてるようなことに腹を立てない。だから自分の行動もそのあたりが甘いってことみたいだ。それで人が怒って、ああ怒るんだと感心することが多い。まあ鈍感ってことになるみたいだが、普通の人が思いもしないくらい繊細なところもあって、それはまあ誰も気にはせんのだが、要はずれてるってことで人間としては向こうの方が上等ってことになるみたいだ。一緒にラウンドしててもリスペクトされてないなってそれくらいは営業マンだからわかる。まあそれが愛嬌ってことみたいだな。

それにしても、児童養護施設の悪ガキどもにさえ言われたもんね、ハルトモさんは気遣いがないって、自分のこと棚に上げてよく言うよであるが、まあ大人にも大抵そう言われるんだから腹も立たないが、、、良いこともしてるんだけどなあ。欠点だけってわけでもないと思うけど、、あまり賛同されたことはないな。
関連記事
ハルトモ
Posted by ハルトモ
自由人ハルトモ。那須とさいたまを毎週往復するリゾート&リタイアライフ、そして旅、投資ネタもありのブログです。
自己紹介へ

Comments 0

There are no comments yet.

コメント投稿