交通事故にどう備える

2013年02月09日
4
0
日々の雑感ーリタイアライフ
ケーキありがとう、と施設の子供からメールが来た
事故大丈夫?
と書いてある
初めて子供のほうからメールがきた
ギターのケーキはサプライズだったようだ
事故にもめげずに届けてよかった
ケーキを届けるために
救急車に乗らずに返した甲斐があった
普通の人は救急車が来てるんだから
乗っちゃうよね
 
昨夜は耳鼻科の救急はないので結局医者にはいかずだった
まだ耳がおかしい
エアバッグの衝撃によるものだ
聞こえているので鼓膜は破れていないと思うが
仕事を休んで医者には行く
 
自家用車保有は20年ほどだが
その間に警察を呼んだ事故は
わたしとして3回目だ
40万キロで3回というのは
多いかどうかわからないが
そんなに乗るから事故が起きるのだとも言える
乗らなければ事故はおきないのだから
たくさん乗る以上
リスクは大きくなる
そのために頑丈な車に乗るのは一つの選択肢だ
今回もしわたしが軽自動車なら
まず間違いなく入院だっただろう
 
前の2回の事故は
いずれも過失割合が
相手の100%であった
一度は停車中にぶつけられ
もう一度は追突された
今度は側突だが
たぶん100:0にはならないように思う
似たような事故でも90:10とか80:20のようだ
相手が一時停止もせずに信号無視で突っ込んできても
100%悪くはないらしい
もしあの事故を避けるとしたら
わたしに何ができたかというと
 
反対車線は渋滞中であった
それで信号は青だが
万が一歩行者が出てきては、と
わたしはスピードを落として徐行した
ケーキを積んでいたので急ブレーキも踏みたくなかったのだ
結果として
人でなく信号無視の車が突っ込んできた
見えたと思ったらぶつかっていた
 
徐行したのが仇になったのだが
徐行しなければよかったとは思わないので
そこを通らなければ良かったということしか思いつかない
やはり毎日乗るというのはリスクなのだ
 
安全運転に心がけつつも
頑丈な車で身を守るしかない
そのために金を払う
ワーゲンの分厚いドア、それと
サイドエアバッグとカーテンエアバッグは必需品だと思った
そのおかげで怪我しないで済んだ
 
さてワーゲンの修理はどうなろうか?
かなりの費用となろう
新車で買って一週間だが
新車に替えろというのは通用しない
それはわかっている
 
ただフレームまで行っているし(わずかだが)
ひょっとしたら修理不能になるかもしれない
そしたら全損だ
もしそうなればだ
こっちも車両保険に入っているので
9:1だろうが8:2だろうが
車の費用は全部出る
400万円くらいもらって
そこで新車を買わずに
エアバッグ、シート、ドア2枚
たぶん100万円くらいで直す
フレームはそのまま
走行には支障なかろう
そうすると
300万円現金が残ることになる
これって良くないかい?
 
事故車ではあるが
新車のティグアンを100万円で買ったことになる
自分の事故なんで納得だ
 
さっそくディーラーに行こう
楽しみだな
 
もういろいろ自分に都合のよいシナリオを考えている
ハルトモ君ならではだな
 
 
関連記事
ハルトモ
Posted by ハルトモ
自由人ハルトモ。那須とさいたまを毎週往復するリゾート&リタイアライフ、そして旅、投資ネタもありのブログです。
自己紹介へ

Comments 4

There are no comments yet.

shikotama7  

No title

転んでもタダでは起きないってところでしょうか(^^;
それにしても大事に至らずよかったですね。世の中どこで何が起こるか分からんなぁ。

2013/02/09 (Sat) 09:33

ハルトモ  

No title

全損は無理みたい。体が無事なんでそれを感謝すべしかよ

2013/02/09 (Sat) 11:24

T1  

No title

無事でなによりです
安全はお金で買えますね。
そして何事もなかったようにハルさんで止め、ケーキは滞りなく
役目を果たす、ハルさんさんらしいですね。

車はハルさん自身や関わる人達や諸々の厄を払い
この位で済んでよかったのでしょう
車は事故の経験車ということで丈夫さには信頼できますね。

2013/02/09 (Sat) 20:35

ハルトモ  

No title

T1さん、お久しぶりです。
持ち株はぐいぐい上がってますが、、、つなぎ売りはうまくやる自信ありません。

2013/02/09 (Sat) 20:51

コメント投稿