低所得者

2016年10月06日
0
0
マネーと生活


月に一度の認定日。印字されている時間にいかなかったらちゃんとその時間に来て下さいと小言を頂戴してしまった。手続き上は特に問題なしとのことで一安心。午後に行くとなると一日つぶれてしまって勿体ないと思うが、もちろん失業給付を受けている分際でそんな贅沢を言えば顰蹙を買う。そもそも暇なんだからいつでもいいと言えばいいのである。

認定を終えたらおきまりの職業相談である。求人を一緒に検索してそんでこの会社はどうだとか、ああ5人申し込んでみな落ちてますねとか、この会社は実は40歳までですね、応募してもチャンスないですね、とかいろいろ教えてくれる。失業者用の端末とは別にいろんな情報を職員は見れるようである。これであれば職業相談をすればいろいろ話が聞ける。これで一回の求職活動実績にもなる。

帰宅して、転職サイトから三社に応募をした。すでに履歴書も職業経歴書もアップロードしてあるので応募をクリックするだけである。今回は3社とも上場一部の大手である。大手は案外窓口は広げている。一応拝見するだけ拝見しましょうという姿勢なんだろう。こっちもダメもとであるからどうということはない。一年のうちに11社以上応募するのが雇用保険給付延長の条件だがもう二ヶ月で6社である。11という数字がネックになることはない。断ってくる会社には事欠きそうにない。

低所得者層という言葉があって、言葉の通り所得の少ない人間のことであるが、たぶんハルトモ君も低所得者層の一員である。低所得というのだから所得の話でいいんだろうと思う。低収入と低所得は区別されていない。厳密に言うなら低収入がたぶん正しいのだろう。お金持ちで税金を納めていない人間はけっこういるからね。低収入でもリッチな人もいるけど。

以下は引用
低所得者(貧困層)には身なりや生活態度、性格などにおいて様々な特徴があります。では、具体的に低所得者にはどのような特徴があるのでしょうか?

・ギャンブル好き
低所得者はパチンコやスロット、競馬、競輪、などギャンブルが好きという傾向があります。
地道に頑張るのではなく、お金を増やすためにリスクの高い選択肢を選ぶ人が多いです。

・喫煙
タバコを吸っている人は吸わない人よりも年収が低い傾向があるようです。
これは年収だけではなく、学歴とも関係しており、喫煙者は非喫煙者よりも学歴が低いといわれています。
最近では禁煙ブームがあるので関係ないかもしれませんが大手企業では喫煙者は出世できないということも言われているようです。

・肥満
低所得者には肥満が多いです。
意外ですが女性にこの傾向が強く見られるようですね。

・部屋が汚い
高所得者は部屋が整理整頓されていて綺麗ですが、低所得者は部屋が散らかっていて汚いです。
使わないものが部屋に溢れていたり、トイレ・風呂・台所といった水回りが汚れています。ゴミ出しの日を把握していない人も多いです。


・食生活が乱れている
低所得者は野菜を食べない、朝食を食べないといったように食生活が乱れています。お金がないので野菜を買うことができず、栄養バランスを無視した食生活になりがちです。朝食を抜くと仕事や勉強の効率が落ちるといわれています。

・運動をしない
年収が少ない人ほど運動をしない傾向があります。
運動習慣がある人は基本的に年収が高いです。最近では皇居ランをする人の年収などが算出されていましたが総じて高い傾向にありました。

・計画的にお金を使えない
計画的にお金を使うことができず、一時の感情に任せてものを購入してしまう人が多いです。スーパーを利用せず、コンビニで買い物をする人ほど所得が低いともいわれています。

・身なりを気にしない
身なりを気にしない人が多く、だらしない格好をしています。
いわゆるヤンキージャージやスエットをきてどこでも歩けるような方は年収が低い人が多いようです。高所得者の方が身なりに気を遣っている人が多いです。



以上、ネットでパクってきた記事だけどまあうなづける内容である。こうやって読んでみるとあまりわたしには当てはまらない。よく金持ちの習慣とかネットで書いてあってそれを読むとわたしはほとんど当てはまらないのだが、また逆に貧乏人の条件にも当てはまらないみたいだ。クラス不明の怪人でなかなかいいねである。
関連記事
ハルトモ
Posted by ハルトモ
自由人ハルトモ。那須とさいたまを毎週往復するリゾート&リタイアライフ、そして旅、投資ネタもありのブログです。
自己紹介へ

Comments 0

There are no comments yet.

コメント投稿