変わっていくということ

2016年10月01日
0
0
人生の考え方
南の無人の島に何かひとつもっていくとしたら何をもっていくか? スマホとかパソコンとか答えるのはおバカだ。電波も来ていないし充電もできんだろう。わたしだったらサンドウェッジを持って行く。バンカーショットの練習がたくさんできる。ボールの代わりはいくらでも見つかるか作れる。厄介な動物が出てきたらそれで戦える。椰子の実を割ることもできる。魚を釣ろうとしたら釣り竿にもなる。太陽に反射してきらきら光るので目立つし合図も送れる。石で裏面を研ぎ料理にもつかえるかもしれない。いろんな料理にも仕えそうだ。そのほかいろんな道具に使えるだろう。我ながら素晴らしい選択だ。こういう起こりもしないことを普段から真剣に考えているということは何かの折りに役にたつというより脳が活性化されると思うね。本を読んだり映画を観るのも悪くはないが書くという行為は非常に頭が活性化する。逆に言うと活性化していないと書けるものではない。

今年の雨というのはあちこちでゲリラ的に降ったりあるいは振らなかったりという感じでゴルファーのやるやらないの判断を悩ませる。雨という予報の割に降らないでけっこうゴルフができたというケースが多い。では大丈夫だろうかと思えば本当に降ったりもする。こうなると雨がゲリラ的に来るのに対抗するためにはゴルファーもゲリラ的になるしかない。いつも暇で待ちかまえていてできるとなればさっと行く。とうてい労働人にはできない所業であろう。暇人であってもさっと動くのは案外難しい。家でくつろぐことに慣れきっているからだ。

かつて三つもっていたホームコースはいまはひとつになった。かみさんもメンバーで二人でそこだけ。結局いくつあっても仕方ないのと平日あちこちビジターで行けばその方が楽しくて安上がりである。そのホームコースも18ホールが二つあってそのどちらもカートで回るのであるが、さらに7ホールのコースがあってこれはかつてもっとホール数があったのが堤防工事の関係で減らされたのだが、そこは手引きで歩いて回る。練習コースという扱いになっている。その分安くて午後二時から周り放題でだいたい15-20ホールは回れるのだがそれがメンバーだと2500円である。早朝の2週というのもあって、それは3000円。体には良いし格安なのでわたしはこれを好んで廻っている。現地まで行って天候の様子を見ながらやるやらないを決める。
一昨日は凄かった。雨との予報でガラガラ、実際午前中は降っていた。それが2時から晴れてそんで同じくらいの腕前の人間と二人でだんだか25ホールも廻った。とてもよい練習になる。今日はゴルフ仲間とのラウンドを計画していたが雨との予報で中止した。ところが実際の雨雲の様子を見ていると午後はなんとか持つみたいだ、ということで、さっと出張る。こんな感じである。

さてこれから本題に入るのであるが、投資のブログでもいろいろと人にアドバイスをする人というのは多い。一方わたしはあまりアドバイスをするというのが好きではない。理由はいくつか言えるが、一番は、聞かれもしないのに言いたくないってことである。話すのも好きなほうなので幾らでも話せるがどうも教えるという柄じゃないって気がしている。その一方で人から教えられるってのはそれはそんな嫌いじゃない。もっともそんな人に頼るタイプの人間ではないので、あまりアドバイスを求めるほうではないのだが、ところがわたしにアドバイスをするという人はとても多い。その人の口調が時に強かったりすると、それは一般的には文句を言ったり小言を言っているとも言えるのだろうけど、わたしは総じてアドバイスと受け止めている。何か言われてわたしが変わるのだからそれはアドバイスってことでといいだろう。とにかくわたしを見ていると一言言いたくなるって人は凄く多いみたいだ。

これって得だと思うのね。人間的にもいろいろアドバイスされて変わっていける。しばしばそれは成長に繋がる。人から何か刺激を受けて吸収するというのは素晴らしいことだと思う。逆に人から言われにくいという人もいる。それなりに行いも立派だとかすると人もとやかく言いづらかったりする。そうするとかえって成長する機会を失うかもしれないわけでこれは案外皮肉な結果である。なぜならそういう立派な人は実は人からアドバイスされると真剣に耳を傾けるからだ。立派な態度なんである。一方わたしは聞いているような聞いていないようなである。別にアドバイス頼んでないし。でもあんまり言われるからそれで少し考える。自分でもたくさん考える。それでいろんなことを試す。それですこしづつ変わっていく。

おもしろいのは人の話を真剣に聞くという態度は立派なのにそれでぜんぜん変わっていかないって人はこれは多いのね。あれだけ頷きながら真剣に聞いているんだからさぞかし参考にしてるのかなって、それでその人のその後の行動を見るとぜんぜん違うことやっているってこれはたくさん見てきた。なかなかおもしろいもんだ。どっちが謙虚でどっちが傲慢か、案外外観ではわからない。わたしがここで良く書いているけど世の投資家はおおむね傲慢である。というのはこのあたりがベースになっているのね。
関連記事
ハルトモ
Posted by ハルトモ
自由人ハルトモ。那須とさいたまを毎週往復するリゾート&リタイアライフ、そして旅、投資ネタもありのブログです。
自己紹介へ

Comments 0

There are no comments yet.

コメント投稿