勉強に頑張れば褒美を

2016年09月26日
0
0
日々の雑感ーリタイアライフ
自分の子供によい学校に進学してそれでよい仕事を得て、と期待する人が多いから多額な教育費を苦労して子供にかけるんだろうと思う。学歴はどうでもいいと口では言いながらやはり自分の子供にはよい大学に行って欲しい、もしこれが人情だとすると、わたしにはそれはない。子供が自分で考えてそれで行けるところに行けば良いとわたしは思う。いい成績を取ったからって褒美をあげる筋合いはないってわたしは思う。だって自分のことでしょ。

結局本当にそう思っているということ、口ではいろいろ言うが自分の事や自分の子供の事となると普段言う事と違うというのは大いにありえることで、まあそれはそれでいいと思う。人間というのはそういう面がある。わたしは言った通りにやるという人間だという事だ。この辺りの思い切りの良さがハルトモ君たる由縁なんだろうね。

それで子供がどうなるか? それも知らない。あまり子どもの教育に興味はない。自分で考えろってなもんだね。褒美をあげるってことは、これはどういう意味かというと他人の評価を気にするってこと、仮に自分の成績としても誰かが褒美をくれるから頑張るとしたら、それは誰かの思惑が入ってくるわけだ。わたしは誰かの褒美で動く人生は嫌いだから、自分はそれは拒否したし、自分の子供には褒美で動くような人間になって欲しくない、というか褒美を出す気がしない。

自分の人生だから自分で考えろ、ただ応援はいくらでもしてやる。この無条件の応援がいつまでの続くものではないことはそれは世間に出ればわかるだろう。まあわたしの子供は将来金に困ることはまずないわけで、その意味で学歴というのはさほどの意味はないということでもあるんだけど。
関連記事
ハルトモ
Posted by ハルトモ
自由人ハルトモ。那須とさいたまを毎週往復するリゾート&リタイアライフ、そして旅、投資ネタもありのブログです。
自己紹介へ

Comments 0

There are no comments yet.

コメント投稿