見上げる

2016年09月22日
0
0
日々の雑感ーリタイアライフ


マロと寝転がっているとこんな景色になる。猫から見ればいつもの景色ということなんだろうけど、これはこれでそんな悪い眺めでもないなって気がする。

お気楽なブログを毎日書いているわけだけど、まあなんでも簡単にうまく行くように見えるが(ゴルフ以外)、これも生い立ちの逆境を肥やしにしたからだと、まあ人からも言われるし自分でも実感ではそういう気分はあるのだけれど、それではわたしのような人間がもっとたくさんいても良いという理屈になるけど実は全くと言っていいほどいない。貧乏から抜け出して豊かなに人間になるなどは並大抵のことではない。苦労を肥やしにするとは言うけど、苦労にも限度があってひどい環境では肥やしにならないのね。

このブログを読んでいる人だって、もし自分の親の力をその生い立ちにおいて借りなかったら今の自分はどうなってたと思います?もっと成功していたって思う人いますか? 一人一人はそれなりに頑張る人生なんだろうけど、でも統計的に見ると相当部分は育った環境の影響を受けていると、わたしはそう思います。

猫の視点ではないけど、わたしはそれは他者を見上げるような人生を歩んできたわけで、いつか上に行きたいなってそう思っていた。この視点はこうやって下から見た者でないとわからない。でもねこの見上げるという意識が大切で、この下にいて床ばかり見て生きていたら、もう発展はないだろうね。

テレビはそれほどみる訳ではないけれど、でも貧乏人とか困った人間の特集が多いという印象がある。民放でたまに金持ちの特集もあるようだが、これはまあ夢物語として扱われている気がする。見上げているとは少し違う。猫のように背中を丸めて跳躍すべく見上げるのがわたしの言う見上げるである。

だが総じて見上げるより見下ろす方が楽である。首も体も痛くならないもんね。見下ろしたり見上げたり右や左をみたり、きょろきょろしてるってのが今のわたしだな。
関連記事
ハルトモ
Posted by ハルトモ
自由人ハルトモ。那須とさいたまを毎週往復するリゾート&リタイアライフ、そして旅、投資ネタもありのブログです。
自己紹介へ

Comments 0

There are no comments yet.

コメント投稿