大叩き

2016年08月21日
0
0
リゾートゴルフ&スキー
今日は早朝スルーで、しゅうさんとあまさんとのラウンド。どちらも強豪で格上だ。妙に張り合うのは止めて自分のゴルフをチェックしながらラウンド。今日のテーマはチーピンを出さないである。そのためにはあえて距離も落とすことも許容した。いつもは張り合ってぶんぶん振るのだが、それは止めてむしろ抑えた。そうすると飛距離の差に瞠目する。わたしが220ヤード、あまさんは300ヤード、わたしが目一杯振っても250ヤードだからもともと相手にならないのだが、それが抑えたもんだから、こっちはセカンドがユティリティ、あまさんはピッッチングという差が出る。敵うわけはない。それでも前半はあまさんが38、しゅうさんが40、わたしも40、まあまあついていける。

後半は5ホール終わってわたしは1オーバーでリードしていたが、6番でナイスショットがウェアウェイの真ん中の木の根元にボールが止まった。アンプレヤブルを宣言しようとしたがしゅうさんがパターみたいに打てばフェアウェイまで出せるだろう、と言う。どうかな?とわたしは思ったがやってみようかなという気になった。どうせ相手は格上で負けるのだ。ちまちまやっても仕方ない。そんで根元のボールを打とうとしたのだが、打ったのは木の根っこ。つまり空振り。そんでアンプレヤブルを宣言して、そこから打ったボールがバンカー方向に。ところがそのボールが見つからない。池のようなバンカーで見つからんか、あるいは本当に池に入ったか、ということでそのホール パー4に対して9というスコアとなった。さすがにこれで勝負あった。落胆したか次のホール、ドライバーがOB。それでトリ。結局後半は47を打った。40、47の87だが、まあスコアほどには内容は悪くない。6番と7番の2ホールで8オーバだ。それ以外はまあまあ。今後につながるラウンドであった。ラウンドを終えてそのまま渋谷まで走った。西野流の呼吸法の稽古。高速を使わず下道を走る。駐車場は路上パーキングで日曜日なので無料。安上がりにいけた。

あまさんとしゅうさんにはこの先ハンデが戻ってもやはり敵わないと思う。あまさんは自分は勝つとわかっているからか、いつも気を使ってビールとかおつまみを振舞ってくれる。フルマークワンドリンク付き。意味がわからないだろうがわかる人はわかる。これはこれで楽しめる。それに彼らのプレーを間近に見るのはよい気分だ。別に勉強になるというわけではない。ギャラリーとして感嘆するということだ。それでたまに一泡吹かせればそれで至福である。



関連記事
ハルトモ
Posted by ハルトモ
自由人ハルトモ。那須とさいたまを毎週往復するリゾート&リタイアライフ、そして旅、投資ネタもありのブログです。
自己紹介へ

Comments 0

There are no comments yet.

コメント投稿