世の中間違っている?

2016年08月05日
0
0
人生の考え方
昼間は暑いので体力温存に勉める。とは言えゴルフの練習には出かける。コースは暑いが練習場はまだなんとかなる。扇風機があって奥から冷房の冷気も来るのでわりと過ごしやすい。打たなくてずっと座っていてもいいくらいだ。練習場の受付では、ごゆっくりどうぞ、と言われるのだが、最近はそれがきまり文句に聞こえない。妙に同意したい気分で頷く。 球数は控えて考えながら打つ、なにを考えているかというとゴルフ以外のことも考えたりブログを書いたりもする。まあなんにせよゆっくりとやるということだ。たっぷりと二時間ほど練習する。しだいにショットが安定してくるのが手応えとして感じる。うまく言えないが振った感じというのが出てきた。ああ、こうやって振るんだ、という感じである。こんな調子で続けていけばかなり上手くなると思う。

日中はそれで終わり。日が暮れてから自転車を車に積んで芝川の自転車道まで走りそこからかみさんと自転車でナイトクルーズとしゃれこんだ。およそ30キロのサイクリング、夕涼みがてらちょうどよい距離だ。芝川自転車道から荒川自転車道へ、そしてスカイツリーがよく見えるあたりで休憩して引き上げる。

帰りに二人でスーパーによって適当に総菜を買う。なんだかハワイのスーパーかなんかによってそんでコンドミニアムに帰るような気分だ。帰ってからのんびりと海外ドラマを見ながらビールを飲む。ドラマは今はコパーズアフェアというちょっとかわったスパイものを見ている。まあまあ楽しめる。なんにせよ暇つぶしであるから文句いうようなもんではない。自分の家をリゾートのコンドミニアムだと思えば思えなくもない。なんでもあるし快適なリゾートライフである。

世の中間違っているとか、おかしいとか、そういうことを思っている人間というのは、それは多い気がわたしはしていてみなどこか態度にでている。人生がうまくいかないのは自分のせいでなく世の中がおかしいからだ、とこれは100%世の中のせいにするというわけでもなく声高に叫ぶ気もないが、ただ心の中にはなんかそういう気分があることはある、、と言うとこれは幾ばくか同意する人は多いかな? 違う言い方をするなら、「自分はそんな贅沢は言う訳じゃないが、でももう少し楽な暮らしをするだけの当然の権利はあるだろう。」という思いである。これだとかなりしっくりくるだろう。だがはっきり言って、これは自分がうまくいかないのを他のせいにしているし、自分自身が工夫して変わろうともしていない、とわたしは思うのね。世の中には、楽しくやっている人間もいれば、苦しくやっている人間もいる。いろいろいるわけだ。では仮に言うとおり、世の中間違っているとしても、そこまでわかっているなら、自分の暮らしは自分でどうにかすれば良いわけで、 世の中間違っているからって自分が苦しくなる必然性はないように思う。

わたしも世の中は間違っているという気分は持っている。だからおかしいと文句を言うのではなく、状況認識としてそれを認めよく観察するということだ。そうなると間違っているほうが、それだけ抜けやゆるみがあるということだから逆にやりやすいくらいという面もある。別にずるをするとか抜け駆けするとか、そんな意味じゃなくて、よく観察してよく考えてそしててきぱきと行動に移す、ということである。つまり自分の暮らしは自分でなんとかするということである。

さてオリンピックは明日開会式だが、実は大会はすでに始まっている。もうBSでは中継が始まっている。のんびりと応援と行きたいところだが、実は今日はわたしは用事があっておでかけある。久々の用事であるのわくわくである。どこに行くかというハローワーク。ハローワークに行くと、世の中間違っていると感じている人間がわんさかいる。そういうオーラがでている。言ってはわるいが見応えはある。いずれにせよ、まずはなんでもよく観察することだ。だからどうということはひとまずないのだけどね。見てるだけで興味はつきない。
関連記事
ハルトモ
Posted by ハルトモ
自由人ハルトモ。那須とさいたまを毎週往復するリゾート&リタイアライフ、そして旅、投資ネタもありのブログです。
自己紹介へ

Comments 0

There are no comments yet.

コメント投稿