ゴルフクラブ買い替えはしばらくお預け

2016年08月01日
0
0
リゾートゴルフ&スキー







わたしのゴルフクラブはもう6年ほど前に購入したものだ。もうゴルフ仲間ではだいぶ古いほうだ。みんな最新のクラブで武装している。新しいのを買えばもっと飛ぶのではないかとあまさんなど言うが、どうにも信じられないが、クラブは新しいとモチベーションが違ってくるのでやはり定期的に買う動機にはなる。

今はコブラの当時の上級者モデルのS9-1PROというドライバーを使っているが、シャフト違いで3本持っている。そんで使い分けている。一番使っているのは中調子のディアナマの青であるが、これはわりと弾道が高くでるのでフォローに強い。多少ドロー系の球がよく出る。風が強い時とかあるいは弾道を低くしたい時にはツアーADを使う。左に打ちたくないという時は元調子のランバックスを使う。

もちろんシャフトの重量やバランスは綺麗に揃えてある。これを新しいのに変えようとすると大変だ。また重量からバランスからいろいろ検討せねばならない。一本で済まない。




ウェアウェイウッドからユティリティーもコブラで揃えている。フェアウェイウッドが15度と18度、いわゆる3番と5番、ユーティリティは16度、20度、23度とある。5本のうち2-3本を組み合わせて使う。コースとかあるいは気分とかで使い分けるわけだ。アイアンは普段5番から使っているが4番を使うこともある。



ウェッジは消耗品という面があるので買い換えるのは当然だが、全部クリーブランドでシャフトはダイナミックゴールドのS200というのは同じ。ただロフトとバンス違いでいくつかバリエーションを持っている。砂が薄いバンカーだとバンスが大きいと弾かれてしまうからホームコースではバンスは10度、栃木とか行く時はもっとバンスの大きいのを持っていく。

写真は撮ってないけどパターは長い事スパイダーを使っていたが、最近昔のピンに戻しているが、これもそれこそ気分で使い分けることになる。こんな調子だから買い換えるとなるとけっこうな手間がかかる。金もかかる。その割にスコアはさほどというかまったく変わらないと言っていいくらいだろう。

練習して腕前が戻ったと確信できた時にクラブを検討することにする。慌てて買ってもいいことはないだろう。


関連記事
ハルトモ
Posted by ハルトモ
自由人ハルトモ。那須とさいたまを毎週往復するリゾート&リタイアライフ、そして旅、投資ネタもありのブログです。
自己紹介へ

Comments 0

There are no comments yet.

コメント投稿