日銭

2016年06月04日
0
0
旅を楽しむコツ
先週予約したサイパンのホテルだが、今日値段を確認するとなんと先週よりも3000円下がっている。全く同じ条件でだ。これは文句言うことはない。速攻でキャンセルした。前金払っただけでキャンセルすれば金は戻ってくるというユニークなシステムである。事前に調べてある。それで新しい条件で予約を入れ直した。お金が返って来るまでの一ヶ月は30万円建て替えることになるがどうということはない。これで今日は三千円日銭を稼いだと言う気になっているのだが、これであっているんだろうか?

一方ヨーロッパ旅行のフライトはわたしが予約してからもう10万円も高くなっている。二人分だから20万円。どうせ使う物を20万円安く買えるのだから、これは儲けたというそういう計算で、やはりこれもあっているということでいいんだろうか? そうやって考えていくとずいぶん日銭を稼いでいる。
ゴルフの旅行だってよく調べてお得なものを予約しているからこれだって儲けといえるのはないか? これはいくらでも儲かるな。

毎週金土曜はゴルフと一応定めているけど、金曜日土曜日とやると四日連続になる。それでも別にいいのだが、毎日じゃ飽きると今週は金曜日はパスして渋谷に行くことにした。行きがてらネットでウィーンのことを調べていたら重大なことに気づいた。ウィーン少年合唱団がミサに参加するのは夏休みはないとのことである。そうか子供は夏は休むのである。ということで楽しみにしていたミサはなしとなった。まあいいやもともとキリスト教徒でもないしね。

ウィーンと言えばクラシック音楽。コチトラはクラシックファンでもない。日本でコンサートに行くわけでもないしCDも聴かない。だがウィーンに行ったからクラシックを聴いてみようかというのはこれはそういうもんだろう。だが夏というのはクラシックのオフシーズンだそうで有名な楽団は皆ウィーンにいないそうだ。だが有名でない連中はいくらでもいるようである。そいつらでも十分上手いだろうし空いてるだろう、ということで現地でホテルに相談して適当に決めるのがよろしかろうと思っている。なんでもかんでも事前に決めておけば良いというものでない。

ウィーンとローマに行くのだがウィーンは私が担当でローマは娘が担当である。ローマで回るところとレストラン娘が決める。予約で電話するときはわたしするが基本スケジュールは娘が決める。こう言うのも楽しいように思う。

サイパンでレンタカーを借りるべきか?これでいろいろ調べている。基本観光はする気なしで空港からホテル それとホテルからゴルフ場これはみんな送迎付きである。じゃあレンタカーは要らないかと言うとそれは早計だ。リゾートに行って他の団体客と一緒のバスでさんざんあちこち寄ったり、待たされたりというのではリゾート気分台無しである。淀みなく颯爽と移動したい。そういうことで送迎の中身はよく調べる必要がある。それでホテルとゴルフ場の送迎バスの時刻表をゴルフ場に確認したい。どういう順番でホテルを回るのか予約センターで細かなことまで聞く客だなあと不思議がられたがなんとか調べてもらった。

こういうのはよくできたもので、高いホテルに泊まっている人間が優遇されるようだ。わたしが泊まる予定のホテルは一番高級だからかいろいろホテルを回って最後のバス停で次がゴルフ場、ゴルフ場から帰るときも最初のバス停で最初に降りる。所要時間も最短で済む。これならストレスなく移動できるだろう。安心である。こんなことまで調べないと納得できないというのも性分なんだろうかね。つまり、こうやって日銭を稼いでいるってことだ。頑張れば頑張るほどお得な旅行ができてそして顧客であるカミさんが喜ぶというわけだ。
関連記事
ハルトモ
Posted by ハルトモ
自由人ハルトモ。那須とさいたまを毎週往復するリゾート&リタイアライフ、そして旅、投資ネタもありのブログです。
自己紹介へ

Comments 0

There are no comments yet.

コメント投稿