吉見百穴

2016年05月12日
0
0
日々の雑感ーリタイアライフ





ちょっと前に財布の中にいくらあるか数えたら40万円くらいだった記憶がある、ここでも書いた。今日見たら20万円、なんで20万円減ったのかよくわからない。支払いはほとんどカードでしているつもりだけどそれなりに現金を使っているってことらしい。まあなんだかんだで乗馬を始めたり5泊と4泊計9泊の旅行をしたわけだから金が減るのは当然だなと思う。ただカードでかなり払っている気がするんで実際はもっとお金を使っているってことだな。やはり金を使うには旅をするの が一番って気がする。



一見普通の塩辛だが赤ワインに合うように開発されたチーズ塩辛だそうだ。いろいろ工夫して作っているようだ。言われてみればチーズの香りがすると言う程度でそれほど赤ワインに合うように劇的に変わっているとは言い難いが、これは一度田崎氏がぼようなワインの専門家のところに相談に言ったらよいと思う。わたしが思うにはこのチーズ塩辛を作った人間はさほどワインに造詣亜深くない。だから塩辛の固定概念から外れた味付けができないと感じた。震災復興となれば田崎さんも喜んで相談に乗ってくれると思うね。日本の古い食材とワインとの相性は大きなテーマだ。頼んでみたらどうだろう?

ゴールド免許が続いていたが今回はスピード違反をしているので降格で最寄りの警察署でなく免許センターで二時間の講習を受けろということである。これは忙しい労働人にとっては厄介かつ苦痛であろうが、わたしのような暇人にはモーマンタイ。暇つぶしのプレゼントである。それと免許センターは乗馬クラブからほど近いので帰りに一鞍騎乗して帰ればちょうど良いというもんだ。

かなり時間がかかると思った免許更新だがすんなり終わる。騎乗まではだいぶ時間がある。今までのわたしなら乗れないかな?ととにかく行くところだが、仮に乗れるにしても急に早く来られて段取り違いというのもあろう。どうせ暇なんだから早く乗って早く帰っても仕方ない。ということでなんか近くに行くところはないかと走っていると道路標識に「吉見百穴」と出ている。以前からあることは知っていたが一度も行ったことはない。ネットで検索してみたら、埼玉の穴場と書いたものが見つかった。百穴だから穴場かいな?ととにかく行ってみた。着いて只かと思ったら300円払わねば入れてくれない。それで閑散としてほとんど人もいない。ちと迷ったがまあ300円払って入ってみた。ずいぶん空いているねと声をかけると、今日は空いている、という返事で、GWは凄い人出だったそうだ。どれくらいと聞くと三日で1000人。まあそういうことで穴場である。詳しく書くのも面倒である。興味にある方は自分で調べてどうぞ。




吉見百穴では時間を使いきれずに乗馬クラブに早めについてそんでこのブログを打っている。人の乗馬を見ながらのんびりするのはとても良い時間だ。参考にもなるしね。
関連記事
ハルトモ
Posted by ハルトモ
自由人ハルトモ。那須とさいたまを毎週往復するリゾート&リタイアライフ、そして旅、投資ネタもありのブログです。
自己紹介へ

Comments 0

There are no comments yet.

コメント投稿