2016年04月27日
0
0
旅を楽しむコツ

名古屋まで遊びにいくのだが、静岡の養母の家のそばの方から電話をいただいて、あのとんでもなく古い家を貸してくれないかと言う。そんな殊勝な人がいるんかいな と思ったが、聞くと今はこれまたおそろしく古い借家住まいで大家からその家を壊して駐車場にするから出て行ってくれないかと言われたんだそうだ。まあ西に向かうついでだからと出発を早めて静岡に向かうことにした。家の中を見せてくれと言うからである。そんで見せて気にいってもう借りるという。掃除から片づけからやってくれと言う。借り主は老夫婦二人。別に老夫婦でも構わないのだがなんだか本当にこっちの言っていることを理解しているか怪しい気がしていて、お子さんはと聞くと東京にいるとのこと。でも絶縁状態みたいでなにしてるか知らないとか言う。

なんだか、変だなあ、と思って大家さんの場所を聞いてその大家に直接聞いてみることにした。そしたらびっくりぽんでその大家は確かに出て行ってくれとは言ったが、それは息子さんから頼まれて言っただけで、そんな急いで追い出す気なんてないそう。それとその老夫婦はどっちも認知症なんだそうだ。それはそうかなって思っていた。その認知症の老夫婦を施設に入れようとしたのだが施設に行きたくない。住み慣れたところにいたいと夫婦が言うから、それで芝居を打ってもう住めなくなるから施設に行こうねと言う作戦だったんだって。ところがその老夫婦が一生懸命に家を探し出してそれでわたしのところに電話がかかってきたってこと。結局息子さんからはわたしに電話があった。ご迷惑かけて申し訳ないがなかったことにしてくれと。その息子さんは最近まで本当に絶縁状態だったらしい。いろんな事情がその家ごとにあるもんだ。







ということで貸すという話はなしということで、それはそれで構わないのでさらに西に向かうことにした。もし貸すなら産廃業者や不動産業者の手配もあるかもと早めに行っていたので時間はたっぷりある。いろいろ考えたりしながらのんびり一号線のバイパスを走る。それが楽しいね。結局全部一般道で静岡から名古屋まで来てしまった。途中浜名湖の道の駅で足湯をしたがあれはよかった。それと磐田で珍しい形の山が見えたのでそこまで行って木下でお昼寝したり、名古屋では24時間営業の入浴施設があって、夕方からだと入館料が半額で800円。それで駐車場も無料になる。ただ午前二時をすぎると深夜料金が2000円かかる。結局一泊2800円ということだが、わたしはもう12時前に出てそんで自分の車で寝ることにした。フルフラットだし仮眠室より静かでいい。だいいち無料だ。そういうことで一泊800円で泊まることができた。車中泊は毎日ではなく二日にいっぺんとかうまく組み合わせて使えばいいような気がする。お金をけちるというよりホテルを探すのが面倒だということもある。なんにも考えずそのまま寝れるというのはかなり気軽である。

8月のウィーンとローマの旅はほぼ予約が完了した。元々持っていた成田ーウィーンのフライトに加えてウィーンローマ間もおさえた。ウィーンーローマ往復で12000円である。このあたりの航空券の仕組みはよくわからないが、じっと予約のポータルサイトを見ていると、いろんな値段が現れては消えたりで、それでふっと安い値段が出てきたりする。まるで株価のボードを見ているようだが、それでこの値段が出てきたので速攻でクリックして予約した。20000円が相場である。







レンタカーも今は比較サイトがあるのでそこで予約した。ウィーンから一日だけハルシュタットとザルツブルクに車で行く。娘がどうしても行きたいという。確かにきれいな街のようだ。MTは運転できると思うがATのほうが気楽なんでそこはけちらずにメルセデスのCクラスを借りた。24時間借りても20000円ほどだから日本と比べればかなり安い。(メルセデスを借りればの話だけどね)。ホテルはけっこう悩んだ。まず娘と一緒なんで大名旅行にはしたくない。かと言って変なホテルには泊まりたくない。こういう時に頼りになるのはトリップアドバイザーとかBOOKING.COMの口コミでこれで三つ星ホテルから最高のカスタマー評価のものでかつロケーション、それとインテリアなどを勘案してそれでひとまず決めた。

フライトはもう固まっているのでキャンセルはできないが、ホテルはキャンセル可能の状態である。これからゆっくりと検討してそれで良いなと思えるものが見つかれば変更をかけるかもしれない。あるいはキャンセル不可の安値をゲットするという手がある。まだまだいろいろすることはある。行くまで楽しめる。もちろん行っても楽しめる。かえってからも思い出して楽しむ。旅先でも旅の手配だ。それも楽しい。
関連記事
ハルトモ
Posted by ハルトモ
自由人ハルトモ。那須とさいたまを毎週往復するリゾート&リタイアライフ、そして旅、投資ネタもありのブログです。
自己紹介へ

Comments 0

There are no comments yet.

コメント投稿