アップルウォッチを使ってみて

2016年04月04日
0
0
スマホ・ガジェット


渋谷のハチ公前には桜が二本だけ植えられていて、当然であるが満開である。田舎の桜も良いが都会の桜もひとしおの味わいがある。今日は午後から晴れたので桜の下でくつろぐのかそれとも待ち合わせかベンチは一杯だ。東急本店でかみさんの春コートを買ってやろうかと見て回ったがなかなか良い物がない。店員がどなたさまに? と聞いてくるので素直にかみさんと答えると、あらーおやさしい、と必ず言われる。物を買ってやるのが優しいとは思えないが、まあそういうセールストークで買い手の気分を盛り上げる作戦なんだろう。

わたしは児童養護施設でポケットマネーでこどもにごちそうしたり物を買ってあげてきたが、こどもはなにか買ってもらったからと言って感謝はしない、やさしいとも思わない。これはある意味良いことだと思っている。なぜなら人間はえてして大人になると自らの経済的便宜を図ってくれる人間に対して打算からそれなりの振る舞いを見せるようになる。卑屈になるとも言える。こどもはそれがない。平気で悪態暴言を吐く。物をもらうのとは別の話。もともと感謝して欲しいとこっちも思っているわけではないので、それで良い、というか決して恩着せがましく振る舞わなかった。仮にわたしがこどもにいろいろなことをしてあげてそれなりの態度を要求すればこどもはひょっとしてそうなったかもしれない。だがそれでは妙な教育をほどこしたことになる。人に媚びることを教えたくない。ということでいくら悪態をついても機嫌良くおごってくれるバカなおっさんと思われるという仕儀である。どうせ大した金額ではない。親がいればもっとよくしてもらえるのにそれは叶わない子供たちなのだ。バカな気前のよいおっさん、いや爺さんが一人くらいいたってそれも悪くはあるまい。

わたしが仕事を辞めると聞いた娘の一言は、えー家に友達呼びづらくなるー、であった。娘は男女問わずによく友人を家に招いている。我が家が一番くつろげるというタイプだし、実際そのあたりのカフェやレストランよりは我が家に来てもらったほうが多分くつろげる。我が家は家族が少ないので人が訪ねてくるのは大歓迎であるし遠慮せずに過ごしてもらえる雰囲気はあるようで実際よく人が来る。別にわたしがいても会うわけではないのだがなんだかわたしがいると思うと落ち着かないんだそうだ。 わたしは娘からさえ行動がトリッキーだと思われていて、娘が小学生の時に授業参観でお歌の時間に他の親が何もしないのに私が一人拍手をしたらそんで娘が怒った。浮いているって。歌を聞いて拍手するのはそんなおかしなことじゃないと思うのだけど、とにかく娘はむくれてそれ以来お父さんは学校に来なくて良いということとなったのだ。実際何の入学式も卒業式もいってない。もともと儀式にはあまり興味がないほうだからそれで良いのだ。


普通は仕事を辞めれば収入が途絶えるので、え,お金どうすんの? てとこにコンサーンが行くはずなんだけど娘はそんなことは考えもしないようだ。もっともかみさんとだって最近はお金の話をしたこともない。なんとなく我が家は金持ちではないようだけどでもお金に困ってはいないみたいだ、という感覚なんだろうけど、お金持ちとは思いにくいのは、我が家が決して華美な生活をしないからだと思う。かと言って決して倹約もしないのだけど。

それにてもアップルウォッチはよくわからない。まずメールとかSNSとかが入ると手をタップして通知をしてくれるという機能があるはずなんだがその通知がこない。どうしてだろう?といろいろ調べてよくわかった。iPhoneの画面を見たり操作している間は本体を見ているのだからと通知はこないのだ。わたしのようにしょっちゅうiPhoneを触っている人間の場合はアップルウォッチは通知してくれないということだ。つまりビジネスとかスポーツとかなんかしている人間には便利だが暇人にはいらない機能ということになる。それと頼みもしないのになんだか運動をしろとか、おまえはこれだけカロリーを使っているぞとかあるいは何時間立っていた座っていたとか、大きなお世話だろうという知らせがよく来る。無理矢理機能を使わせたいみたいだ。ただそんな機能を使わなくても時計、通話、LINE、それからカメラ、天気予報、これだけでも価値はあると思う。

ファッション性は疑問だがまあこういうものだと割り切ればこれで良いと想えなくもないが、たった今iPhoneの音楽コントロールをアップルウォッチで操作できることがわかった。iPhoneを音源に鳴らしていてiPhoneを取り出さずに選曲など自由にできる。これはすばらしい。もちろん出先でも使えるがこれは家でも使える。我が家は音源はiPhoneまたはiPadで、そこからAIRPLAYでアップルTV経由でオーディオに流している。これを時計の手元で自由に操作できる。素晴らしいが、問題もある。いつ充電するのだ? まあそれは良いとしてまだまだ遊べそうだ。
関連記事
ハルトモ
Posted by ハルトモ
自由人ハルトモ。那須とさいたまを毎週往復するリゾート&リタイアライフ、そして旅、投資ネタもありのブログです。
自己紹介へ

Comments 0

There are no comments yet.

コメント投稿