退職理由

2016年04月01日
4
0
サラリーマンライフ
週に一回宿直をこなしている。広間で雑魚寝でそんな寝れるものではない宿直だが、ほかの職員は週に二日泊まっている。泊まったからといって朝帰れるわけではなく翌日もそのまま勤務なのでそれを二日するとまる二日半連続勤務となる。体調面で持病を抱えてそれに年齢もダントツで高い職員なので体調を壊し、これでは体が持たないと主任の気配りもありようやく週一回に減らしてもらっていたのだが、その主任もこの4月から降格になってしまった。期を同じくして園長がもうハルトモを特別扱いはできないから、また宿直をほかの職員と同じだけやらせろ、と言い出した。これはいつかそうなるとは思っていたことだが、ちょうど良かった。止めようと思っていた時期と被るのだが、体力的にはこれ以上宿直をしろと言われたら体調を壊すのは自明なので辞めろと言われているのと同じ。それで辞めましたということである。

子供たちにはどのタイミングでどう言おうか考えていたことだがこれではっきりとした。まあ辞める理由はこれだけでなく、自分なりの区切りということも嘘でなく子供たちに話すつもりではある。サラリーマンは、嫌なことやつらいことがあってもじっと耐えることが美徳とされている日本で、その嫌なことをせずにここまで来れたハルトモ君はとても幸せで僥倖を得たと思う。気にくわないことはしないなんてサラリーマンはわたしはわたし以外あったことがない。よく堅気でここまで来れたものだ。

自分の人生を振り返って、一生やくざな無頼漢であった可能性はけっこうあった。競輪場に通い詰めて、大阪は森ノ宮の競輪新聞の印刷所に詰めて、サラリーマンではあったが自分では車券師気分。このブログではセミプロ車券師と自称しているのはそれでも車券の儲けよりサラリーマンの収入の方が多かったから。車券はどうだろう、年間に2000万円くらい車券を買って払い戻しが2300万円とか。競輪でこれだけ勝てる人間はたぶん千人万人に1人なんだけど、おとなしくサラリーマンしてたほうが収入が多かった。そこで競輪専業にならなかったハルトモ君は典型的な日本の会社の序列主義にあきたらず転職してビジネスの世界に。それから車券でなく株式投資をやるようになる。競輪では億万長者になれないという見極めがあった。確かにその判断は正解であった。実際株で億円儲けるのは凄いことなんだろうが競輪で勝つよりはずっと容易。株式投資のブログでその難易度の高さはよく言われることであるがそれでも競輪の方がはるかに難しいことは間違いない。さすがのハルトモ君でも競輪では家は建たない。

わたしが非常に珍しいのはこんな根性でサラリーマンでも案外うまく行ったことだ。サラリーマンに向かないようであれよさあれよとうまく昇進。普通のサラリーマンのように根回しとかコンセンサス無視で暴れ放題勝手気ままで、実績をどんどか出したからそれでのしあがっんだけど、必ずしもそれだけじゃない。敵も多かったけど助けられたことも多かった。味方というわけじゃないけど助けてくれる人間はけっこうその局面局面で現れた。それがハルトモ君のこのブログに現れない(現れる?)なにかじゃないかな? 利用価値があると思われたのかもしれないし、どこかに愛嬌があったのかもしれないし、信じても損しないような気がしたとか、まあなんか助けてやろとか応援してやろうとかいう気にするなにかがきっとあったんだろう。

自分が好きでやっている、それしかない。今NHKの朝の連続ドラマでやっているのが、あさがきたという明治の女傑の話だが、大金持ちの家に生まれて女だてらに商売に邁進した実在の人物、その人物がドラマ中で言っていた。人様世間のために一生懸命やってきたのに、、、こんな批判されると凹むわ、、と。実在に人間が本当にこう言ったかどうか? それは知らないが、実はこういう人間はたくさんいる。人の役に立ちたいとか人を助けたいとか、、これは案外育ちが良い人が言うのだが、どこかで空回りしている。児童養護施設の園長が、自己保身の一方でこどもたちのために、と言うのと似ている。自分のためとか、自分が大切ですと、正直に言えない弱さである。

そこを認めた先に本物を優しさがあるとわたしは思うのだが、そういう人はまずいない。であればわたしのように自分が大切ですと言い放つほうが潔いというのがわたしの考えだ。私くらいわがままな人間でもこの施設に来てそれなりにやっただけの甲斐があることはできた。それはわたしが何かしてあげたという結果ではなく、私が自分の好きなことをしてそして納得のいく満足を得たという、いわば思い出をわたしが得たということである。子供たちよりもわたしが得た物の方がずっと大きいかもしれない。とことん身勝手ハルトモ君であるが、約3年半、児童養護施設の職を得た好運に心から感謝する。さて次はどうすべえかな?
関連記事
ハルトモ
Posted by ハルトモ
自由人ハルトモ。那須とさいたまを毎週往復するリゾート&リタイアライフ、そして旅、投資ネタもありのブログです。
自己紹介へ

Comments 4

There are no comments yet.

野菜サラダ  

No title

ハルトモさん、心根は正直なんでしょう。私は馬鹿がつくくらいに正直すぎ、サラリーマンにはむいてない。本当の事を言い過ぎ、同族会社の内部留保に釘をさす。36協定にも メスを入れようとする。私は根っからの九州男児であると自負している。私利私欲だけで生きてる人間が一番カスだ。貴方はある意味世渡り上手です。

2016/04/01 (Fri) 07:09

ハルトモ  

No title

> 野菜サラダさん
世渡り上手は自負するところであります。それからわたしは嘘つきです。私利私慾大好きですね。

2016/04/01 (Fri) 08:07

ayu**1_746*  

No title

辞められましたか。お疲れさまでした。今度は何をされるか予想もつきませんが、今後ともブログ楽しみにしていますよ。

2016/04/02 (Sat) 03:53

ハルトモ  

No title

まだ辞めてないです 笑 引っ張る引っ張る

2016/04/02 (Sat) 07:22

コメント投稿