貧乏人を馬鹿にする

2016年03月26日
2
0
日々の雑感ーリタイアライフ



わたしのブログを読んでいる読者の大多数は確率的にもわたしより裕福ではないと思われる。わたしより豊かな日本人は100人に1人よりもずいぶん少ないと統計で出ているからだ。いろいろ細かな点ははしょって全体としてわたしのブログは貧乏人を馬鹿にした語り口である。ということはわたしより貧乏な人間が毎日このブログを熱心に読んでいるという理屈になる。もちろんそうでない人もいるだろうが少数だ。これはある意味不思議だ。マゾかね? 読んでいて不愉快にならないのかね? わたしが言う貧乏人とは、この世でそこそこ豊かな暮らしむきをしている人間も大いに含まれる。一流大学を出て上等な職を得て長年頭を低くして組織やしがらみに仕え住宅ローンや教育費でヒーヒー言う。立派な社会的立場があるけど、働くのを止めたとたんに行き詰まるから実は働き続けて自分を守るしかない。これはわたしに言わせれば確実に貧乏人というカテゴリーに入る。貧乏という言葉は自由でないという意味でわたしは使っている。わたしに言わせればつまらない人生だ。もちろんわたしがつまらないだけでそれで楽しいという人間がたくさんいてもそれは構わないのだが、その構わないのと同じくらいの心持ちで、わたしが貧乏人と馬鹿にするのも差し障りあるまいということである。その一方で絶対的な生活レベルや自由になるお金が少なくても、お金に煩わされず自由に生きている人間。それをわたしは貧乏とは呼ばない。お金に使われていないからだ。お金というのはご主人様じゃない。こっちがご主人様だって気がある。


かみさんが実家に行ったら妙な動物を見つけたそうだ。猫に似ているが両足揃えてピョンピョン跳ねるらしい。聞くと最近近隣によく出没しているそうで、なんか食い物を漁っているらしい。少なくともこいつは貧乏じゃないって気がわたしはする。わたしが言うのはそういうことだ。飼われている奴は貧乏。それで自分を立派だと思うなら大貧乏。さて今日もたくさんの人を不愉快にしたかな? 



ところで我が家のマロはこれは飼われていると見えるが実は飼われていない。自由というのはいろんな形があるから、別に一見使われていても構わない。心まで使われないことだ。
関連記事
ハルトモ
Posted by ハルトモ
自由人ハルトモ。那須とさいたまを毎週往復するリゾート&リタイアライフ、そして旅、投資ネタもありのブログです。
自己紹介へ

Comments 2

There are no comments yet.

野菜サラダ  

No title

白猫さんのブログかと、思いました笑
申し遅れました。
無名で貧乏大好き人間学の野菜サラダです。
ボロは着てても心は錦ですが!

2016/03/27 (Sun) 11:36

ハルトモ  

No title

> 野菜サラダさん

そんなに貧乏なんですか?
まあ気の持ちようでどうとでもなりますね。

2016/03/27 (Sun) 12:57

コメント投稿