どや?

2016年03月11日
2
0
日々の雑感ーリタイアライフ
休みであるが今日は施設に出張った。こどもの状態というのは気持ちも含めて常に動いているし、今日はやったほうがよいことはやはり今日やろうかなという気になる。なんだかんだ言っても、自分のこだわりには勤勉な人間なのである。ただこの自分のこだわりが他人様とはちと異なるので人からみると理解しがたい。いい加減なように見える。ただ自分なりにはよく考えいて行動力もあるから結果はでる。それも抜群に結果を出す。それでますます他の人間から見ると不思議だということになる。

ベトナムさんがレクサスのLXという車を購入した。レクサスでもかなり高級で1000万円以上する車だそうだ。相場を張りながらもサラリーマンもしているのであるが、サラリーマン社会からみればこういうのは序列の破壊者である。痛快である。組織でヒーコラして上にペコペコ下に威張ってそれでなんとか生活を維持しているのをポンと飛び抜けた存在。なんなんだあいつは? てことになる。

わたしもこういうのは嫌いではないが、ただ自分のライフスタイルというものがあって、そういうものを欲しくないというだけである。わたしはヒドい貧乏を経験して児童養護施設にも入っていたわけだから、人を見返したいという気分はとても強いほうだった。実際高い車に乗って豪邸に住みたいと若い頃は思っていたが、次第にそんなことに興味がなくなっていった。実はそれほどうらやましがるようなもんじゃないと思うようになった。会社ですごい肩書きをついても大きな家に住んでもあるいは高級車にに乗っていても、実際会って話すと大した人間はそんなにはいないのである。政治家でもそうだった。ろくな奴がいなかった。もちろん向こうだってわたしのことを大した人間だとは思わないからお互い様なんだけど、持っているものはその人間性をリプレゼンツしていないのは間違いないという確信はある。

じゃあなんでLXを買うのかと言うと、別に知らない人だけど、たぶん遊びなんでしょ。猫次郎さんもいろいろ買ってるけど、やはり遊びて気がする、子供が遊んでいるのと同じで、ポンと買えるから買っただけ。そういう意味ではわたしがポンと社会的立場を捨てて児童養護施設で働いているのもおなじく遊びなんだよね。別に使命感も義務感もないもの。すべてを捨ててぽんといけるなんて「どや、すごいやろ」てなもんというわけ。真似できんだろ。

人間というのはそもそも大したもんじゃないし、だから当然、たいした人間なんているわけはない。ただ生きて最後死んで、いや死後の世界へと旅立つ。その先は知らんが、死んだおやじによるとあるらしい。まあそうなったらその時のことだ。そんな感じだね。
関連記事
ハルトモ
Posted by ハルトモ
自由人ハルトモ。那須とさいたまを毎週往復するリゾート&リタイアライフ、そして旅、投資ネタもありのブログです。
自己紹介へ

Comments 2

There are no comments yet.

ベトナム  

No title

LXは金さえあれば誰でも買えるので 凄いわけでも何でもないし 真似はできますけど、ハルトモさんの真似はできませんね。
いつも読みながら これは真似できんな とか 一体どんな人間やねんって思いながら読んでます(笑)

2016/03/12 (Sat) 08:25

ハルトモ  

No title

金さえあればというのはその通りですが、その金さえあるのがなかなかないわけで、お互い本当にありがたいことですね。

2016/03/12 (Sat) 15:45

コメント投稿