盗み2

2016年03月11日
2
0
児童養護施設のこと
ある中学生の男の子、盗癖が治らない。だから怖くて一人で外出させられない。どこかで立ち寄り万引きでもされたら大変だ。だが施設に居ても他の子供の部屋に忍び込んで盗みを働く。何度も見つかっている。その子に聞いてみた。もう否定する気も怒る気もない。ただ自分になにかできることはないか?そう思っている。彼によるとなんだか別の人間が自分の中にいてそれでふーと人の物をとりたくなってしまうんだそうだ。その時はゲーム感覚で盛り上げっている自分がいるらしい。だが自分の部屋に戻ってしばらくすると、ふと我に帰り猛烈に後悔する、その繰り返しなんだそうだ。

その子がまた他の子供の部屋に忍び入った。だがその瞬間を職員が目撃しており他に目撃者もいてすぐに押さえた。幸い盗られたものはなかった。未遂ということで話は終わりかけていたのだが、わたしが彼とじっくりと時間をかかて話したら意外な事実が判明した。わたしがわざわざ休日にも拘らず出勤して話したのだ。

かれがぼそっと言う。ハルトモさん、今度もまた別の自分がなんだか悪いことをしてしまった。実はあの部屋からウォークマンを盗ってしまった。

え? 盗られたものはないって聞いてるけど? 

盗ったフォークマンを自分の部屋で見ていたら本当に自分は情けない人間だと思って、、それでこれじゃまずいと思って、、それでウォークマンを返しに行ったんだ。そしたら捕まった。

、、、、、

ああこの子も自分なりに戦っているんだな。奇妙な感動がわたしを襲う。そうかよく返しに行ったな、偉かったな。よくやった(???) わけがわからんがとにかく褒めた。彼は生活に制限が多い子だが、もっと手間暇かけてやろう。今は部活の遠征には行かせていないが、送迎でもしてなるだけ参加させてやろう。もっと息抜きにでも連れ出してやろう。訳のわからん自分の中の自分なんて出てこんように。

罪を憎んで人を憎まずとは綺麗事だが真理でもあるのかもしれない。悪い奴だからと、反省させようとしたり行動をしばったりばかりでは彼が治る見込みはない。悩んでいるならそこまで出向いて出口まで一緒に歩かねばならない。寄り添いとも歩む、いや戦う。まあいろいろ勉強になるな。この仕事は。

関連記事
ハルトモ
Posted by ハルトモ
自由人ハルトモ。那須とさいたまを毎週往復するリゾート&リタイアライフ、そして旅、投資ネタもありのブログです。
自己紹介へ

Comments 2

There are no comments yet.

rem。  

No title

初めまして。
その子、きっと良くなりますよ!
ハルトモさんに出会えたんですから(^0^)

2016/03/14 (Mon) 19:38

ハルトモ  

No title

さてどうでしょうかね? 通じない相手の方が多いですよ。

2016/03/15 (Tue) 19:37

コメント投稿