知恵がなければ優しくできない

2016年03月03日
0
0
児童養護施設のこと
呼吸法の稽古に渋谷まで出たが稽古代の金をもって出るのを忘れた。それで銀行に寄って金を下ろしてみた。わたしは銀行というのは滅多にいかない。たぶん一年に一度とか、昨年は一度も行ってないんじゃないかな? というのはお金をおろす用事がないのだ。現金は毎月一応かみさんが渡してくれるがほとんど使わない。どこでも支払いはカードである。コンビニでもスタバでもカードである。お釣りをもらう手間がいらないのでカードが楽だ。最近はサインレスも多くてカードを出すだけで終わり。いつもは銀行のカードも持ち歩かないのだが、先日たまたま車の中に置きっぱなしになっているカードに気がついて幾ら残高があるんだかわからないが、それをカード入れに入れておいた。暗証番号はエイヤーで当たった。稽古代は16000円ほどだからたぶんそれくらいは有るんじゃないかな? 試しに2万円と打ったらすんなり出てきた。そしたら残高が56万円。わりと多かった。これは儲かった。儲かってじゃあどうするんだと言うと別になにもないけどね。

渋谷でヤマダ電機の前を通りかかかったらUQモバイルのSIMが売っていて担当者が熱心にすすめる。わたしの持っているルーターでも使えると言う。変だなHPでは適応機種に入っていない。それで言ってみた。本当に使えるか試しにSIMを入れてそれで思うようなスピードが出ていたら買うよと。UQモバイルはMVNOで最速を唱うくらいに速度が自慢である。テストSIMを入れてみた。担当者は自信満々だ。そしたら、あらら、ぜんぜん遅くて1.5Mくらいいしか出ていない。担当者もクビを傾げる。結局買うのは止めた。UQモバイルは評判がすごく良かったのに残念だが、こういうスピード測定というのはたまたまという側面が強いのでまたいろいろ検討していけば良い。今日のところは買わなかったが買う必要はもともとないのだ。回線ならたくさん持っている。なんで買うなんて言ったかというとその営業マンがやけに熱心だったから。それを買いたくなった。だがテスト結果は彼も一緒に見たので納得は行ったようすで、勉強になりましたって言っていた。まあわたしにすれば遊んだということだな。

今はMVNOが流行りだ。大手のキャリアの半額以下で電話が維持できる。うまくやれば数分の一ですむ。ただネットのスピードという点ではこれは圧倒的にキャリアが勝る。ただ動画をバンバン見ない限りそんな高速のネットスピードなんぞ必要ない。WEB閲覧で画面がすっとくれば気分はよいが別にだからなんだというくらいの差である。加えて公衆WIFIが東京オリンピックに向けて首都圏でもっと拡大していくと思う。これはけっこうなスピードで繋がる。

公衆無線LANとMVNOを組み合わせれば携帯電話代はかなり節約できる。このMVNOこそまっさきに貧乏人が採用すべきと思われるのだが、実はMVNOのメインの顧客はたぶんそんな貧乏人じゃない。設定とか操作がちととっつきづらくてある程度の知識理解力がないと自分で設定維持できない。だからおつむが弱い人には無理だ。老人もきついだろう。それからクレジットカードを持っていない人も契約できない。児童養護施設の子どもたちは自分でアルバイトして携帯電話代を払っている。だいたい月に7-8千円払っている。施設では園長が許可して大手のキャリアで契約させるが、許可するだけで金は払わない。働いてる職員もMVNOなんてたぶんわたし以外知らない人間がほとんどだろう。それでうまくやれば月に1000円2000円で済むこどもの携帯電話代が8000円かかっていても別になんとも思わない。知らないしわからないからだ。

わたしに言わせれば知恵がない。行動力がない。いくら心根が優しくても知恵と行動力がなければその優しさを形にすることができない。お祈りするのも悪くはないだろうが、こどもに本当に優しくしたければ自分を磨くことである。そして自分を守る必要がないくらい強くなることである。弱い人間は持っているパワーのほとんどを自分を守るために使う。その上で知恵と行動力が足りなければなにおか言わんやである。最後になって急に文が硬くなったな。



関連記事
ハルトモ
Posted by ハルトモ
自由人ハルトモ。那須とさいたまを毎週往復するリゾート&リタイアライフ、そして旅、投資ネタもありのブログです。
自己紹介へ

Comments 0

There are no comments yet.

コメント投稿