知らなかった

2016年02月22日
0
0
日々の雑感ーリタイアライフ


スマホにイヤホンマイクを刺すと通話をしたり音楽を聴くことができるわけだがイヤホンを刺すとどうなるか?マイクがないから話はできない。わたしはそう思っていたが、なんとそれは誤りだった。イヤホンマイクには3本のラインが入っている。ステレオの音で二本、あと一本がマイク。これを刺すと本体のスピーカとマイクが切れる。ただヘッドホンだと2本のライン、ステレオの音だけである。これを刺すとなんとスマホ本体ではマイクが生きているのである。だから本体がバッグの中のままでは話しづらいがテーブルの上にでているくらいであれば全然話せる。着信を取るときに相手を確認してスマホ本体で受信操作することも多いだろう。その場合はそのまま本体を持って話せば良い。無理にイヤホンマイクを買う必要がない。これだけスマホを使ってきて知らなかったね。読者の方はご存じでしたか? 

イヤホンで良いとなるとこの50センチの短い片耳イヤホンが重宝である。まず長いイヤホンでそれに両耳だとからまりやすい。電話でちょいと話が長くなるときにイヤホンマイクを指したいがからまって時間がかかってしまって結局あきらめるということも多い。これだと絡まらなでポケットから出してすぐ話せる。片耳のイヤホンでなおかつショートケーブルでそれで高音質のものはなかなか売っていない。それでどう入手するかというと両耳の物を買ってハサミで切った。じゃあ両耳で音楽を聴くときは?これが両耳のヘッドホンを別に持っている。数グラムのものである。どうということはない。両耳で音楽を聴いているときに着信があるならそれはそのまま両耳イヤホンで話せば良いのだ。それとね実は自転車に乗るときは片耳で音楽を聴いていたほうが都合が良いのだ。そう思ってハサミで切った。

ところでiPodtouchは極めて快調である。まず薄さと手触りでiPhoneよりずっと手になじむ。大きなiPhone6plusの子機として完璧である。受信も発信もできてiPhoneと同じことができる。iPhone5Sはお役御免とすることにした。iPhone5Sは家電話の子機にしたり音楽プレーヤー、あるいはエアープレイでの映画再生とまだまだ活躍予定である。そう言えば古いiPad2をおばあちゃんにあげた。これはオフラインでゲーム機として使う。四川省とかソリティアとか簡単なゲームはオフラインで十分遊べる。これからは引退端末の使い道が結構面白いね。趣味として。

関連記事
ハルトモ
Posted by ハルトモ
自由人ハルトモ。那須とさいたまを毎週往復するリゾート&リタイアライフ、そして旅、投資ネタもありのブログです。
自己紹介へ

Comments 0

There are no comments yet.

コメント投稿