iPodtouchとiPhone

2016年02月20日
0
0
日々の雑感ーリタイアライフ



iPhone6plusを使っている。こいつはでかくて重いのでiPhone5Sも持っている。5Sが通話用である。AUのかけ放題+3ギガ/月、6plusにはMVNOのマイネオのSIMを刺している。やはり3ギガ/月。これに加えてWIFIルーターも持っている。ドコモ系のMVNO EXCITEのSIM、これが月に2ギガ。

これだけあるのに又iPodtouch6を購入した。4万円。なんで買ったかと言うと、美しいからだ。iPod6は持っている人間がそんないない。iPhoneに着信した電話がiPodで受信できるらしいので、iPhoneの子機として使える。こいつで通話なんて格好いい。重さは5Sよりはるかに軽い。

そう思って喜んで買ったのだが、買って驚いた。iPodってiPhoneみたいにひょいと持って通話できないのね。耳にあてて通話するようにできていない。だからスピーカーフォンみたいに話すか、さもなくばイヤホンマイクを刺すこおとになるがこれは面倒だ。






せっかく買ったのにこれでは使いにくい。さしあたりiPodのスピーカーにセロハンテープを貼って穴を塞いでみた。そうすると音が小さくなった。さらにマイクはどこにあるかと言うと、iPhoneと逆に裏面のカメラの横にある。だから持って通話するためにはiPhoneと逆に裏面を耳につける。少し変だがまあいいか?

さてiPodtouchを子機として使うためには親機のiPhoneに加えてWIFIルーターを持ってあるく必要がある。つまり親機子機ルーターと3個持たないといけない。実際持ち歩いてみるとけっこう面倒であるということがわかった。そんなの初めから分かっていた気もするがやはり重かった。だがここまで重いならいっそ4台持ってもいいのではないか? つまり6plus,5S,iPod、そしてルーター。それでいい気もしてきたが、いったいなんのための子機なのか? だいたい5Sの子機としてtouchがが必要なわけがない。本末転倒とのはこのことだな。
関連記事
ハルトモ
Posted by ハルトモ
自由人ハルトモ。那須とさいたまを毎週往復するリゾート&リタイアライフ、そして旅、投資ネタもありのブログです。
自己紹介へ

Comments 0

There are no comments yet.

コメント投稿