5年10年で何を言う

2016年02月14日
0
0
株式投資
これは毎年の恒例ということなのか、施設の女の子たちはバレンタインデーにチョコとかクッキーを作る。たくさん作ることを考えると作るほうが安上がりということもあるし、作るという作業自体もたぶん楽しいのだろう。でもって作った作品の中で、たぶん出来の悪いものをハルトモさんにプレゼントしてくれる。もちろんホワイトデーにちゃんとお返しがあるだろうという計算もなんとなく入っている。ということでハルトモ君はけっこうチョコをもらうのだ。

投資関係のブログを見ているとどうも投資暦五年からせいぜい十年くらいの人間が幅を利かせていろいろコメントしているのが目につく。たいていの仕事では5-10年と言えば若手でようやく多少はなにかできるかなというレベルである。それがいろいろ偉そうに言えるとはいかなることか? それだけ生き残る人間がいない世界ということなんだろうね。

なんだかんだと言っても、職業と名がつけば三十年四十年は当たり前だと思う。サラリーマンだってそれくらいは長くやる。たかだか五年十年で立派そうてのはちゃんちゃらおかしくないかね?かく言うわたしはもちろん相場のプロじゃない。別にプロでなくても適当に稼ぎたいだけ稼げばよろしい。投資がしょせん金儲けと割り切れば一番良いのは一生分さっさと稼いでやめることだ。

関連記事
ハルトモ
Posted by ハルトモ
自由人ハルトモ。那須とさいたまを毎週往復するリゾート&リタイアライフ、そして旅、投資ネタもありのブログです。
自己紹介へ

Comments 0

There are no comments yet.

コメント投稿