傲慢な投資家、謙虚な投資家

2016年02月01日
0
0
株式投資




マイナス金利というのを聞いたことがない。そう言われると、そりゃあるんだろうなとは思うが、ようは銀行に預けておくと金が減るということだろう。一般家庭なら減っていく預金は全額引き出して家にでも置いておくことになるだろうが、銀行だと額が多いからそうはいかないだろうが、それでも倉庫に積んでおけばいいんじゃないかと思うがそうではないのだろうか? その倉庫代金のほうが高いということかな?

日銀がマイナス金利を決定したそうだが、その是非などわたしはわからないしわたしの生活にはほとんど影響はないと思うが、ただ報道によると日銀は9人の委員で多数決で決定をするそうで、今回は5対4で可決されたんだと。かなり意見が分かれる決定だということだ。ほぼ半分が反対する決定。なんだか今後どうなるんかな?って思うね。

昨日購入したキーボードは優れ物である。タッチはさすがロジクールで、それで十分なピッチがあるのでこれならパソコンでの入力と遜色ない。たぶん安物のウィンドウズパソコンよりも快適だろう。その上で画面の角度を変更できるししっかりと固定されるのぐらぐらしない。膝の上でも問題ない。その上で本体とキーボードで750グラムであるから軽い。これなら旅先に持って行っても違和感がない。やはりどんなに軽くてもノートパソコンというのはおしゃれとは言い難いからね。

こうなってくるともっとパワフルなiPadairが欲しくなる。かみさんのiPadは16ギガのWIFIモデル、わたしとしてはシムフリーの64ギガくらいが欲しい。64ギガあれば映画を何本も持ち歩くことができる。だが映画用に別にiPad miniを持ち歩くという手もあるかな? もうこうなってくるとキリがない。買うことがすでに目的になっている。買ったときが一番満足感が高くて使っているうちにだんだんまた別のものが欲しくなってくるというサイクルだ。

結局わたしが今どれだけを持ってるのかと言うと

1.MacBook Air
2. iPad air2
3. iPad mini2
4. iPhone6plus
5. iPhone5S

以上はすべて同期されているのでその日のニーズに合わせて必要なものをもって出かけるということになる。手ぶらがよければ小さい端末だけとか、自転車でバッグが小さければiPad miniとか、テキストを打つならiPadとか車ならMacBookをもっていけばいい。

さて謙虚というタイトルで書こうと思ったがずいぶん遠回りした、言いたい要点はどういうことかと言うと、世間のほとんどの投資家は傲慢であるということだ。身の程知らずに儲けようとするから負ける。負ける人間がほとんどだからほとんどが身の程知らずということになる。したがって傲慢ということだ。おもしろいのはほとんどの投資家は自分で自分のことを傲慢だと思っていない。むしろ自分は謙虚だと思っている。この勘違いがどこから来るかというと、本物の謙虚と意味のないへりくだりの区別ができないからだ。世間のほとんどの人間がやっているのは謙虚でなくへりくだりである。わたしのことを傲慢だという人間はたくさんいたが、わたしが本当に傲慢なら今の生活はない。わたしは決して自分を過信しない。だからこそすべてで抜け目ないのである。すなわち不敗である。不敗というのはそんな簡単にできることではないだろう。滅多に聞かんのであるから。
関連記事
ハルトモ
Posted by ハルトモ
自由人ハルトモ。那須とさいたまを毎週往復するリゾート&リタイアライフ、そして旅、投資ネタもありのブログです。
自己紹介へ

Comments 0

There are no comments yet.

コメント投稿