時代が変わるか?

2016年01月24日
0
0
日々の雑感ーリタイアライフ
白鵬が二敗した。琴奨菊と稀勢の里に負けたわけだが、その二番の相撲をご覧になられただろうか? 白鵬の負け方とは思えない負け方。完全に力負けでの敗戦であった。どうも白鵬の一人勝ちの時代は変わろうとしているような気がする。相撲の場合、あれ?弱くなったな、と思うとガタガタといくことが多い。大横綱であるから10番11番くらいしか勝てなくなったら引退せざるをえないと思う。

遠くモンゴルからやってきてそれは栄誉と金も得たのだろうが、相当我慢我慢の半生だっただろう? 外人なのに日本人より日本人的であることを求められてずっと優等生を通してきた彼が今後どんな人生を歩むかは知らないけど私は相撲界を去ることを勧めたいね。去ると言っても縁を切るのではなく適度な距離をとって好きなことをやればよい。贅沢言わなければいや相当贅沢しても食うのに困ることはないだろう。

相撲界は土俵ではあれだけモンゴル人が強いのに親方の世界ではモンゴル人の親方さえいない。今後白鵬が一親方として認められる可能性はあるだろうが、理事になったりましてや理事長になる可能性はないだろう。マネジメントはあくまでも日本人、というのが大相撲で、これはアメリカでも主要なスポーツの経営陣やヘッドコーチがほとんど白人というのと同じである。

つまりスポーツなどの勝負の世界は実力がすべてを制するが、それ以外では実力主義とうたったところで本当の実力主義は存在しないのである。サラリーマンでも同じだ、実力のみで出世するわけじゃないしそもそもその実力の判断がどうだかかなり怪しい。白鵬は実力でいまの立場をえたのだから、これからは政治の世界に入るのではなく自由にやる道がよいのではないか? たぶん後進を育てたいという気持ちはあるだろうと思うが、これからまだ数十年も我慢し続けてまでやるようなもんじゃないと思う。相撲の親方は野球の監督とは違うと思う。親方として力士以上に名を残すということはない世界だから。

真田丸という大河ドラマが始まっている。真田ファンでわたしが一番好きな武将が真田昌幸であるから見逃せない。一応毎週録画している。昌幸の一字をわたしは自分の名前に持っている。もちろん偶然だろうが池波正太郎の描く昌幸はハルトモ君と通じるものがあって大好きなキャラである。まあ結局自分が好きということだな。その真田を今回描くのが三谷幸喜である。

不世出の名脚本家だとは思うけどわたしは時代劇特に大河ドラマとの相性はよくないと個人的には思っている。最近では清洲会議という彼が監督をした映画があったが、まあ肩の凝らないコメディとしては悪くはないが時代劇としてはわたしはよい仕上がりとは思わなかった。とは言え見るつもりだ。素材がよいからつまらない話になりようがないし、ある可能性がある。今の若者は時代劇なんてみないし時代小説も読まない。つまり歴史から何かを学ぶという習慣がなくなってきていると、わたしはそう感じている。であれば今更池波や司馬を読めというのではなく、発信する側として新しい時代劇の形を提示できれば若者が時代劇に戻り歴史の意味がまた生きる可能性がある。

歴史小説や時代劇というのはかつては読むもの観るものがその時代を仮想的に訪れて過去に浸るというものであった。つまり視点は歴史の中にある。それが来てくれないならこっちから出むきましょうと歴史のほうからのこのこと現代にやってきて現代的な視点で歴史を眺めるというのが三谷の手法だとわたしは感じている。であれば若者にも受け入れやすいかもしれない。すでに書いたようにそれは個人的には好みではないが、あああれから歴史小説は変わっていったねと後から言われる可能性はあるのかもしれない。時代は常に変わっていくものである。歴史の描き方さえ変わって行っても白鵬が力負けするの同じくなんら不思議はない。
関連記事
ハルトモ
Posted by ハルトモ
自由人ハルトモ。那須とさいたまを毎週往復するリゾート&リタイアライフ、そして旅、投資ネタもありのブログです。
自己紹介へ

Comments 0

There are no comments yet.

コメント投稿